ー世界はきっと、美しいー
エジプト -Egypt-

【まとめ】17日間のエジプト旅|費用・ルート・ダイジェスト

エジプトは、アフリカ大陸縦断旅の1ヵ国目。

とは言っても、文化的にはアラブ圏になり、エジプト人はアラブ人。

本格的なアフリカ旅は、次のスーダンから始まるのだけど。

エジプト縦断ルート

オレンジ線:バス移動

青線:鉄道移動

【エジプト】カイロ → バフレイヤ・オアシス → ダフラ・オアシス → (アスユート) → ルクソール → アスワン ⇔ アブ・シンベル(往復ツアー)

【スーダン】ワジ・ハルファ

※( )内、都市名は乗り換えで降りただけの都市

エジプト縦断旅行|ダイジェスト

フィリピンから、クウェート経由でエジプトに入国。

そこから陸路でスーダンへ至る前までの旅行記。

フィリピンからエジプトへ

フィリピンから、クウェート経由でエジプトへ。

アフリカ旅の始まりの日。

クウェート空港の乗り継ぎで翻弄されたけれど、なんとか到着する事ができた。

フィリピンからエジプトへ!クウェート空港での乗り継ぎ

ついに来たよ、アフリカ大陸!カイロ空港から市内へ、ローカルバスでゆく

カイロ -Cairo-

カイロでは、スーダンビザとエチオピアを取得。

海外でビザを取るのは初めてで…翻弄されてしまった。

大雨が降ったりもして、6泊も滞在してしまった。

排気ガスが激しくて、交通状況も悪いし…ローカルの人々はフレンドリーで良かったんだけど。

スーダンビザ取得にはレターが必要!カイロの日本大使館にもらいに行く

エジプト(カイロ)でスーダンビザ取得!7時間30分も拘束されてしまった…

エジプト(カイロ)でエチオピアビザ申請!&イスラーム地区でのんびりお散歩

身の危険を感じるほどの大雨と、オールドカイロを少~しだけ

人生初、カジノに行ってみる|カイロで米ドルを入手しよう

ギザのピラミッドにローカルプライスで潜入&私だってたまには怒るんだよ

バフレイヤ・オアシス -Bahariyya Oasis-

黒砂漠、白砂漠、クリスタルマウンテン、アガバッド・バディを巡るツアーに参加。

夜は、何もない砂漠のど真ん中でキャンプ。

今振り返っても、エジプト旅で一番よかった経験。

こんな絶景、中々お目にかかれないんじゃないだろうか。

大都会カイロから、砂漠の街バフレイヤ・オアシスへ|ようやく旅らしくなってきた

エジプトの西方砂漠でキャンプ|これ以上の絶景が、この大陸にあるのだろうか

ダフラ・オアシス -Dakhla Oasis-

バフレイヤ・オアシスから、バスで深夜に到着。

やっと見つけた宿は、クレイジー宿だった。

翌朝には警察のお世話になったりと、中々クレイジーな経験をさせて頂いた。

だけどその後は心地よく過ごすことができ、ダフラには合計3泊もしてしまった。

白砂漠を見て次の町ダフラ・オアシスへ ~ダフラの泊まってはいけない宿~

ダフラ初日、朝から警察沙汰になるなんて予想外&迷路都市「カスル」でお散歩

のどかな泥づくりの村「バシェンティー村」と、エジプトで一番満足した食事

エジプトの西方地域は、2019年12月現在、外務省からレベル2(不要不急の渡航はやめてください)が発令されている地域です。

普通に観光する分には、特に危険は感じませんでしたが、移動中の検問は少し厳しかったです。

テロ警戒地域であり、軍が見張っていますので、渡航の際は十分お気をつけ頂き、テロリストと誤解されない様な行動をお心がけください。

ルクソール -Luxor-

王家の谷や、カナルック神殿、ルクソール神殿など、素晴らしい遺産がたくさんある町。

観光地としての価値が確立されすぎていて、「人」を全く好きになれなかった町。

今のところ…世界の嫌いな町ランキング暫定一位。

ゴメンナサイ。

ダフラ・オアシスからルクソールまで、13時間の大移動

ルクソール観光(西側)古代の王たちのお墓、王家の谷を自転車で訪ねる

ルクソール観光(東側)巨大な神殿!カナルック神殿を徒歩で訪ねる

アスワン -Aswan-

アスワン観光…と言えるものは全くしていない。

アブ・シンベル神殿までの往復ツアーに参加して、翌日にはスーダンへ。

ルクソールから、エジプト旅行最後の町アスワンへ鉄道移動

世界遺産第1号!アブ・シンベル神殿を見に行こう(アスワンからのツアー)

エジプト縦断にかかった費用

17日間の合計:約33,089円

1ポンド≒7円計算
1ドル≒114円計算

  • 食費:3,696円
  • 宿泊費:10,640円
  • 交通費(長距離):5,012円
  • 交通費(短距離):1,407円
  • 観光費:7,875円
  • ツアー代:13,500円
  • 雑費:1,295円
  • 嗜好品:119円
  • 飲み物:455円
  • その他:490円

食費

合計:3,696円

これは、たぶん安い方。

私は1日1~2食しか食べなかった。

1日3食、しっかり食べる場合は、もう少しかかると思う。

いいレストランや外国人向けのレストランでない限り、1食200円以下で食べられる。

アラビア語オンリーのローカルなお店なら、コシャリなどが100円以下で食べられる。

宿泊費

合計:10,640円

バフレイヤ・オアシスの滞在を除く、14泊分。

1泊あたり、630円~910円。

交通費(長距離)

合計:5,012円

1区間あたり、だいたい1,000前後で移動できる。

電車は、乗る便によって値段が違うみたい。

交通費(短距離)

合計:1,407円

1度だけ、郊外への観光でタクシーを利用。(往復700円)

それ以外はカイロの地下鉄や、ローカルなミニバスを利用。

だいたい片道あたり20円~70円で乗れる。

観光費

合計:7,875円

エジプトは、物価は安いのに観光地の入場料が異様に高い。

見どころを絞らないと、とんでも無い事に…。

私は、ピラミッド(ローカルプライス)、エジプト考古学博物館、ルクソールの王家の谷とカナルック神殿、アブ・シンベル神殿に入場。

ツアー代

合計:13,500円

アスワンへの往復ツアー(送迎のみ、入場料別)が300ポンド(約2100円)

西方砂漠ツアーが、前泊の宿泊費も入れて100ドル(約11,400円)。

西方砂漠ツアーは、カイロからの往復ツアーもある。

私は拠点の町バフレイヤ・オアシスまで自分で移動したため、カイロからの送迎代などはなし。

雑費

合計:1,295円

トイレットペーパー、虫よけ、ウェットティッシュ、シャンプーなど

嗜好品

合計:119円

お菓子代など。

意外に、そんなに買ってなかった。

飲み物

合計:455円

水を毎日の様に買っていたけど、この程度。

たまに、ジュースも購入。

その他

合計:490円

チップとか。

…以上っ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)