ー世界はきっと、美しいー
エジプト -Egypt-

フィリピンからエジプトへ!クウェート空港での乗り継ぎ

【アフリカ大陸縦断記】2019/12/08

マニラ(フィリピン)→カイロ(エジプト)
-Manila to Cairo-

クウェート航空418便は、定刻より1時間早い、3:30にクウェートに到着した。

フィリピン時間で言うと、8:30。

フィリピン時間の22:30頃に出発したから、約10時間のフライト。

長かった~。

私は、フィリピンからクウェート経由でエジプトへ行く予定なのだけど、クウェートでの乗り継ぎに関しての情報をほとんど持っていない。

WEBで調べてもよくわからなかったから、もう現地でぶつけ本番で挑む事にしていた。

フィリピンから西へ行くのにクウェート経由が普通だとしても、日本から行く場合はあまり通らない国なのかもしれない。

体験談のブログなど、ほとんど見つけられなかった。

ほぼ日記形式で進みます。

乗り継ぎ方法だけ端的に知りたい方は、下記「もくじ」より「クウェート空港での乗り継ぎ方法(まとめ)」にジャンプしてください。

クウェート空港での乗り継ぎ

飛行機を降りて、通路を渡る。

情報がほとんどないこのクウェート空港で、エジプト行きの飛行機に無事に搭乗するというのが、本日のミッション。

というのも、フィリピンを出国するのでさえ、かなり手こずったから。

無事に飛行機に乗せてもらえるかどうか…あまり自信がない。

ここは、厳格な中東の国なのだ。

クウェート航空、まさかの搭乗拒否!?そして始まる、私の世界周遊記

2年前に、ヒマラヤで出会った人に言われた言葉を久々に思い出す。

これからの冒険のために、あなたはより強くなる必要がある

そうだよね。
私は、もっと強くなる必要がある。

ひとりが寂しいだなんて、メソメソしている場合じゃないんだ。

よし!行こう!

クウェート航空からエジプト航空への乗り継ぎ|ターミナルを移動

荷物検査の近くにいる係員に、聞いてみる。

すると、ここはターミナル4で、私が乗る予定のエジプト航空はターミナル1だと教えてくれた。

なのでそのまま手荷物検査を受ける。

パソコンとタブレットを起動する様に促される。

なんで??

起動したのを確認したら、問題なく開放された。

なんで??なんのチェック??笑

 

先に進むも、入国審査場も、荷物のピックアップレーンも見当たらない。

ただ椅子が並んでいるゲートがいくつかあるだけ。

また係員に聞いてみる。

すると、荷物のピックアップはターミナル1まで行ってするのだと教えてもらう。

あとで呼ぶから座って待っててと言われ、待つ事30分。

地下鉄の様な、モノレールの様な…何とも無機質な乗り物が到着した。

扉の前に立ってみると、ぷしゅーと静かに開き、そして乗り込むとすぐにまた、ぷしゅーっと閉じた。

私しか乗っていないその無機質な乗り物は、夜の空港内を静かに走る。

なんだか不思議な光景。

10分ほどで、ターミナル1に着いた。

クウェート空港|乗り継ぎでもビザは必要?不要?

入国審査場のようなところで、「只の乗り継ぎなのですが、ビザは必要ですか?」と尋ねると、「上の階に行け」と言われる。

上の階でビザオフィスを発見。

ビザ代は3ディナール(約1054円)だという。

私はクウェートの通貨は持っていないのだけど、現金のみとの事。

オフィスにあるATMで、お金をおろす。

一番少額で10ディナール(約3514円)だったので、10ディナールをおろした。

こんなにいらないんだけどなー。

まぁ、次のエジプト行きのフライトまで、まだ8時間くらいあるからね。

マニラ空港で買った飲み物も先ほど没収されてしまったし、現地通貨は必要か。

ビザの申請用紙の名前欄には、ファーストネームからフォースネームまで欄があった。

クウェート人の名前って、そんなに長いの!?

ファミリーネームも入れたら、5つだよ!

びっくり!

私は日本人なので、ファーストネームとファミリーネームの2つだけ記入。

申請用紙を提出すると、クウェートでの滞在先を記入するように促される。

「只の乗り継ぎだから、クウェートには滞在しない」と伝えると、それならビザはいらないと言われる。

え、じゃあさっき「上に行け」って言われたのは何だったんだ…。

また入国審査の所まで戻る。

係員に、ビザを取って来いと止められる。

「ビザはいらないと言われたよ!」と伝えたら、「上に行って右に行け」と、さっきとは違う階段を指さされる。

上に行って右に行ったところのゲートで聞いてみたら、「下に行け」と言われる。

もうやだーー。

また下に戻る。

見かねた係員が、私を連れて一緒に上の階に行ってくれる。

彼がさっき言いたかったのは、「上に行って、少し進んでからの右」にある「乗り継ぎカンター」の事だったみたい。

クウェート空港|乗り継ぎカウンターに翻弄される

案内された乗り継ぎカウンター(トランジットカウンター)で尋ねると、「フライトは13時だから、10時にまた来い」と言われる。

一度カウンターを離れてみるも、よく考えたらまだ6:30。

荷物のピックアップ、しなくていいのかな?

というか、まだ入国審査も受けてないんだけど!?

もう一度、カウンターに「まだ荷物のピックアップしてないんですけど」と伝えに行くと、少し強めの口調で言い返される。

「わかってる、わかってるよ、あなたの言いたい事は。心配しないで、10時になったらまたここに来て」

もう、彼を信じて待つしかないか。

もしかして、私は通常の出国審査と入国審査をしなくていいのかもしれない。

空港から一度も外へ出ないのなら、このまま乗り継ぎ用のルートを通って次のフライトに乗れるのかもしれない。

だから、ビザもいらないのかもしれない。

でも私がビザを取って一度入国するのか、このまま乗り継ぐのかなんて、先ほどのクウェート航空は把握してないと思うんだけど。

私の荷物…いま一体どうなっているんだろう。

クウェート、手ごわすぎるよ。

マレーシアの乗り継ぎは、簡単だったのに。

待っている間、500mlの水を1ディナール(約351円)で購入。

物価高すぎ。

そして朝食に、チーズオムレツとミルクティーを2.150ディナール(約755円)で頼む。

1ディナール(約351円)が最低通貨だと思っていて、それより安い物ってないのかな?と思っていたのだけど。

なんとお釣りでもらった紙幣が、2/1ディナール4/1ディナールだった。
そんな通貨の単位があるのか…。

オムレツには、なんとインドのチャパティに似たものが付いてきた。

ミルクティーからも、少しスパイスの香りがして、インドのチャイを彷彿させられた。

約束の10時になった。

先ほどの乗り継ぎカウンターに行くと、既に来ていた客とスタッフが揉めていた。

私の後ろに並んだ客が、まだかまだかと苛立ち、彼らの揉め事に参戦していた。

スタッフは、私のフライトが13時である事だけ確認して、座って待つように促す。

えー。

私あんまり時間ないのに。

今から入国審査して、バックパックを無事にピックアップして、それからまた出国の手続きをしなければならないのに。

それに、フィリピン出国でさえあんなに揉めたんだ。

今回は、更に揉めて時間がかかることが予想されるのに。

搭乗券と荷物の引き換えタグをもらう

30分ほど待って、ようやく私の話を聞いてくれる事になった。

客とバトルしていたスタッフ…機嫌が悪かったらどうしようかと思ったんだけど。

どうやら日本人が好きな様で、めちゃくちゃ愛想よく対応してくれた。

そして、12時にまた来てねと、搭乗券を発券してくれた。

12時って…出発の1時間前なんだけど!?

だけどスタッフは、「大丈夫、心配しないで。あなたは何もする必要はない。全て私たちがするから」と。

とりあえず、無事に搭乗券は発券されたから、エジプト行きのフライトには乗れるようだ。

あとは、荷物を無事に受け取るのみ。

ここでようやく思ったんだけど、入国はせずにそのまま乗り継ぎができて、尚且つ荷物もスルーなんじゃないかな。

確証はないけど。

無駄になってしまったカタール・ディナールをアメリカドルに換えて、12時に再びカウンターを訪ねる。

すると、荷物の引き換えタグを渡された。

私の名前と、荷物の重さ(15キロ)の記載があるから、私の荷物を把握しているのは確かなようだ。

荷物は、エジプトで受け取れるとの事。

荷物を受け取るまで油断はできないけど、多分大丈夫なんだろうと思う。

フィリピン出国は手こずったのに、クウェートでは何の問題もなかった。

スムーズにエジプト行きのフライトに乗せてもらえることになった。

問題だったのはね…私がこの流れを把握していなかったという事と、それを理解するだけの語学力がなかったという事。

無事に、エジプト航空に搭乗

無事に乗ったエジプト航空は、狭いうえに古いシートだったので、てっきりLCCかなと思ったんだけど。

普通に機内食や飲み物が振舞われた。

そして、3時間後の15時、ついにエジプトに到着。

荷物も、無事に受け取る事ができた。

ようやく来たよ、アフリカ大陸。

ここから、アフリカ大陸縦断旅がはじまるのだ。

クウェート空港での乗り継ぎ方法(まとめ)

クウェートでの乗り継ぎについてまとめてみるとこんな感じ。

  1. 飛行機を降りたら、乗り継ぎ先のターミナルまで謎の無機質な乗り物で移動
  2. 出発3時間前に、乗り継ぎカウンターで搭乗券を発券してもらう。
  3. 出発1時間前に、乗り継ぎカウンターで荷物の控えタグをもらう。
  4. そのまま、すぐに搭乗口に行く。

※乗り継ぎのみの場合は、ビザも不要!

知っていれば、凄く簡単だったね。

 

▼次回、いよいよエジプトに入国する▼
ついに来たよ、アフリカ大陸!カイロ空港から市内へ、ローカルバスでゆく

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)