ー世界はきっと、美しいー
タンザニア -Tanzania-

【タンザニア旅行】移動情報、泊まった安宿

タンザニアを、北から南へ縦断。

ケニアから入国して、ザンビアへ出国。

移動情報と、泊まった安宿について。

移動情報

全てバス移動。

ナイロビ(ケニア)→モシ(タンザニア)

-Nairobi to Moshi-

<バス乗り場>
日本人に有名な宿「ニューケニアロッジ」から徒歩5分ほど。

宿を出て、宿とは反対車線を右へ進んだところにある。

<バス会社>
ダーエクスプレス(DAR EXPRESS)を利用。

<料金>
2,000シリング(約2,000円)

<集合時刻>
午前5:30

<所要時間>
約6時間30分

<その他>
国境でバスの中に乗り込んできた両替商より、両替可能。

1ケニアシリング≒21タンザニアシリング(2020/01/18現在)

<参考>
ケニアのナイロビで米ドルを入手&タンザニアのモシ行きのチケットを予約

【陸路国境越え】ナイロビからモシへ!最も実感のない国境越え(ケニア→タンザニア)

モシ→ドドマ

-Moshi to Dodoma-

<バス乗り場>
メイン通り沿いにある、ローカルバス乗り場。

多数のバス会社のブースが並んでいる。

<バス会社>
KAPRICONを利用。

<料金>
27,000シリング(約1,350円)

<出発時刻>
午前6:00

<所要時間>
約8時間

<参考>
モシからドドマへ|タンザニアの「法律上」の首都に来た。

泊まったお宿

モシではドミトリーに、ドドマでは個室に宿泊。

モシ|モシ・バックパッカーズ・パラダイス(Moshi backpakers Paradise)

  • 20人部屋ドミトリー:12,000シリング(約600円)
  • トイレ、シャワーは室外
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり
  • 洗濯機あり:1キロあたり10,000シリング(約500円)
  • ファン、蚊帳付き

日本人は「キリマンジャロバックパッカーズ」という宿に泊まる人が多いみたいだけど、そこは「盗難宿」と噂されている。

ケニアのナイロビで会った人からも、「盗難未遂」に遭った話を聞いたばかり。

だけど、「キリマンジャロバックパッカーズ」は、こちらの「モシ・バックパッカーズ・パラダイス」と同じ値段で朝食付きという事。

※「モシ・バックパッカーズ・パラダイス」は朝食なし。

安さに拘る、または日本人とワイワイ過ごしたい人は、「キリマンジャロバックパッカーズ」がいいのかな?

私は日本人環境に拘りはなく、むしろ静かに過ごしたかったので、「モシ・バックパッカーズ・パラダイス」に滞在。

6泊中5泊は、20人部屋ドミトリーに1人きりという寂しい静かな環境で過ごす事ができた。

宿の人以外誰もいない…本当に静かな環境で、しかも宿の人も感じがよく、とても過ごしやすい宿だった。

ドドマ|パヒホテル(Pahi Hotel)

  • シングルルーム、25,000シリング(約1,250円)
  • ミディアムルーム30,000シリング(約1,500円) ※写真はミディアムルーム
  • トイレ、シャワーは室内
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり
  • 蚊帳付き

「満室」と言われる事が多い中で、ようやく見つけた宿。

ホットシャワーもWi-Fiもあり、まぁまぁ清潔。

町中にあるため、買い物やレストランにも困らない立地。

バス乗り場へは、トゥクトゥクで100~150ルピーほどの距離。

…以上っ!

▼次回からザンビア編▼
【陸路国境越え】タンザニアからザンビアへ!いよいよ南部アフリカ篇が始まる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)