ー世界はきっと、美しいー
タンザニア -Tanzania-

【キリマンジャロ登山3日目|マチャメルート】食べる修行と、最終キャンプ前夜

【アフリカ大陸縦断記】2020/01/23

シラケーブキャンプ(3,750m)→バランコキャンプ(3,900m)

今朝はペトロが見張っていないのをいいことに、パンを3枚だけ食べて1枚残し、スープは2杯飲んで1杯残す。

先ほど紅茶をもらいに私のテントに来たペトロのカップに、紅茶の代わりにスープをたっぷりと注いであげたから、少し負担は軽減された。

卵とフルーツは完食。

夕食に比べれば、楽勝だ。

どうやら私は、このキリマンジャロの地に、「食べる修行」に来たようだ。

▼前回のお話し▼
【キリマンジャロ登山2日目|マチャメルート】富士山の山頂と同じ高さを目指す

シラケーブキャンプからラバタワーへ

朝から雨が降っているので、レインジャケットを着こんで出発。

今日は、標高4,600mのラバタワーという地点まで行って、そして今滞在しているシラケーブキャンプ(標高:3,750m)とほぼ同じ標高の3,900m地点まで下るのだ。

そう聞くと、効率が悪いようにも思えるけれど、高度順応的にはこれでいいのだ。

8:15。

霧の中に向かって、出発。

雨は、止んだり振ったりを繰り返す。

そして、約4時間後の12:20。

標高4,600mのラバタワー(Lava Tower)に到着。

ここで、朝持たせてもらったランチを食べる。

うん、この量なら食べられそう。

嬉しすぎる。

少し多いかなとは思うけど、頑張れば食べられる量。

パン、チキン、ニンジンスティック、ビスケット、フルーツジュースなどが入っている。

入っていたライムは残して(量的にというよりは、寒すぎて触りたくないから)、ビスケットは行動食用にポケットにしまう。

私は持参したランチ袋を、岩に座って食べているのだけど。

ツアーによっては、ポーターが設置したテントの中で、コックが作った料理が食べられる様だ。

こういう豪華なツアーに参加しているのは、欧米人グループが多い。

彼らは設置されたイスとテーブルに座って、暖かい飲み物も飲んでいる。

至れり尽くせりだ。

霧の中から、キリマンジャロが顔を覗かせる。

2日後には、あそこの頂に立っているのだ。
凄く、遠い所の様に感じるけれど。

ラバタワーからバランコキャンプへ

30分ほどのランチタイムの後、登山再開。

今日は既に3/4の行程が終ったらしい。

ここから2時間ほど下った場所に、今日のキャンプ地がある。

気を付けなければ滑り落ちてしまいそうな、急な岩場の道を下る。

間もなく、普通の土の道になる。

なんだか、高山植物というよりは、南国にもありそうな雰囲気の植物がたくさん生えていた。

道の途中にも!

そして、出発してから6時間30分後の、14:40頃。

標高3,900mの、バランコキャンプ(Baranco Camp)に到着。

ウフルピークまで、あと15キロで15時間

明日は、いよいよ最終キャンプ地まで行く。

たぶん、今日よりも長い行程。

そして少し眠ったら、いよいよアタックだ!

山頂には朝6時着と言っていたから、きっと仮眠だけして深夜に出発なんだろうな。

ゆっくり休めるのは、今日で最後だ。

キリマンジャロでの食べる修行と、食べられないシベリア抑留

テントに入ると、ポップコーンとナッツが運ばれて来た。

今日は早く着いたので、紅茶を飲みながら、ゆっくり漫画でも読もうか。

氷の掌(おざわゆき著)

シベリア抑留者だった、筆者の父親の体験を元に書かれた物語。

シベリア抑留者は、終戦後、ロシアの要請により捕虜として渡された人たち。

もちろん彼らは、そんなことは承知ではなくて。

よくわからないままに、寒い寒いシベリアの大地で、命を削りながら働かされていたのだ。

この漫画は、ヒマラヤトレッキング中にも1度読んでいた。

ヒマラヤトレッキング記事一覧

「寒くて過酷な環境」に来ると、読みたくなる。

そして、彼らの明日をも知れぬ辛い運命に比べたら、私の置かれている環境など、全く大したことはないのだと思い知らされる。

『氷の掌』を読み終わった頃、夕食が来た。

心なしか、スープの量が少ない気がする。

話は遡って、キャンプ到着直前。

元気のない私に、ペトロが「疲れたの?」と聞いた。

私は「疲れてない。ただ、夕食の事を考えて憂鬱になっているだけ。」と答える。

我ながら、酷いことを言うなと思う。

だけど、それほど深刻に悩んでいるのだという事を、どうにかして理解してほしいのだ。

キャンプ地に着くという事はさ、本日のゴールなわけだから、本来であれば喜ばしい事なのに。

着いたら食事を取らなければいけないというプレッシャーの方が勝るなんて…通常の精神状態ではないよ。

スープは、いつもは4杯分取れるのに、今回は2杯分しか取れなかった。

パンも、いつもは4枚あるのに、今回は3枚しかない。

いつもはペトロが何故かテントに入ってきて、

「パンを食べなよ!」

「スープを飲みなよ!」

「パンが残っているよ!」

と、せわしなく指示を出すのだけど、今回は入ってこない。

実は先ほど、紅茶の時間の時に。

「一緒にお茶してもいい?」とテントを訪ねて来たペトロの誘いを、断ったのだ。

それでかな、夕食時も来なくなった。

ゆっくりと、美味しいスープを2杯飲む。

うん、楽しい夕食って、こういうものだよね!

追加で、パスタとソースが来た。

多分いつもよりは少ない…が、完食は無理だな。

ゆっくり、休憩も挟みながら、なんとか半分だけ食べる。

『氷の掌』を読んだ後に食べ物を残すのは、とても心苦しいのだけどね。

彼らは、わずかな食べ物で重労働を強いられたのだ。

道端に生えている雑草でさえ、ご馳走だったのだ。

私は、愚かな贅沢ものだ。

ペトロが、食事は終わった?と、ようやく顔を見せる。

終わったよと、半分だけ残った鍋を渡す。

まだ残っているじゃない!と言いつつ、いいよと言ってくれた。

やっぱり、やっと理解してもらう事ができたみたいだ。

ようやく「食べる修行」から解放された喜びと同時に、ようやく申し訳ない気持ちも芽生える。

不思議な事に。

明日は、6:30起床だって。

最終キャンプ地まで8時間の行程で、少し休んだら夜の12時に山頂に向けて深夜登山だ。

本日の行程

シラケーブキャンプ(3,750m)
↓(7キロ/4時間)
ラバタワー(4,600m)
↓(3キロ/2時間)
バランコキャンプ(3,900m)

▼次回のお話し▼
【キリマンジャロ登山4日目|マチャメルート】ついに、最終キャンプ地まで来た

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)