ー世界はきっと、美しいー
ザンビア -Zambia-

【陸路国境越え】タンザニアからザンビアへ!いよいよ南部アフリカ編が始まる

【アフリカ大陸縦断記】2020/01/30

ドドマ(タンザニア)→ナコンデ(ザンビア)
-Dodoma to Nakonde-

朝5時過ぎに宿を出る。

宿の目の前には、1台のトゥクトゥクが停まっていた。

こんなところで客待ちとは…打率低くないか??

バス乗り場までは徒歩20分ほどだから歩けなくもないのだけど、小雨も降っている事だし、トゥクトゥクに乗ろうか。

▼前回のお話し▼
モシからドドマへ|タンザニアの「法律上」の首都に来た。

ドドマのバス乗り場|シャビビー・ガス・ステーション

トゥクトゥク運転手に値段を聞くと、5,000シリング(約250円)と言われる。

昨日2,000シリング(約100円)で乗ったときと距離は変わらないのに、値段が違い過ぎる。

じゃあいいやと、その場を離れると、3,000シリング(約150円)まで下がった。

2,000シリング(約100円)で交渉してみたけれど、3,000シリング(約150円)から下がる気配はない。

深夜料金という事か…仕方がない。

3,000シリング(約150円)で了承。

トゥクトゥクは、私の地図アプリが示す場所からは離れたところへ行く。

私は、シャビビー・オイル・ステーション(Shabibi oill station)というところへ行きたいのだ。

昨日バスチケットを買った場所で地図を見せながら聞いたら、この場所だと教えてくれたから。

「そっちじゃないよ!」と言うのだけど、「シャビビーに行きたいんだろ?」と譲らないトゥクトゥク運転手。

着いたところは、私が思っていた場所とはまるで違う場所だった。

地図アプリには、「シャビビー・ガス・ステーション(Shabibi Gas station)」と表示されている。

名前は似てるけどさ…。

本当にここかい??

確かに、シャビビー(Shabibi)と書かれているバスが何台か停まっている。

オフィスに入って聞いてみたら、どうやらここで大丈夫な様だ。

なんだ。

勘違いして怒っちゃったよ、ごめんね。

それにしても、このドドマという町は、地図アプリがまるで当てにならないな。

バス乗り場のマークがある場所に行っても、何もないしさ。

目星を付けていたホテルも、見つけられなかったし。

タンザニアの首都ドドマから、ザンビアとの国境の町トゥンドゥーマへ|ローカルバス

集合時間の6:00より少し早く、バスが到着。

車内は、とても綺麗。

スマートフォンなどの充電ができる、コンセントもある。

出発は6:30のはずなのに、荷物の積み込みなどが早く終わったのか、6:10頃に出発。

え!

確かに、集合時間は過ぎているけれど…6:30を目指して来た人は、乗り遅れてしまうじゃないか。。。

車内では度々、マイクでアナウンスがある。

こんなのは、アフリカでは初めて。

まるで日本みたい。

言語はスワヒリ語だから、何を言っているのかは、まるでわからないのだけど。

11時頃、イリンガ(Iringa)付近でトイレ休憩。

ドドマからは、5時間だ。

昨日モシを出発したとき、実はイリンガまで行く予定だった。

だけど、モシでバスの予約をする際に助けてくれた日本人の女性に、「1日でイリンガに行くのは遠いですよ、私ならドドマにします」とアドバイスを受けて、ドドマに変更したのだ。

昨日ドドマに着いたのが14時頃。

そこから5時間もかかるなら…変更してよかったよ。

お腹がすいた。

トイレを済ませて、3~4個ある屋台を見て回る。

すると、出発合図のクラクションが鳴ってしまった。

ゆっくり選ぶ時間なんて、まるでない。

本当に、「トイレ休憩」だけが目的なんだな。

慌てて、水とピーナツだけをなんとか購入。

バスは夕方ごろ、ムベヤ(Mbeya)の端に着いた。

私のチケットは、ムベヤ行き。

ムベヤで降りて、ザンビアとの国境の町トゥンドゥーマ(Tunduma)行きのバスに乗り換える予定。

ムベヤでは、何度か停車して、その度に多くの人が降りていく。

隣の席の人に、「私はトゥンドゥーマに行きたいのだけど、どこで降りたらいいか」と、相談をしてみる。

すると、「このバスはトゥンドゥーマまで行くよ!」と。

えー!本当かな!?

ムベヤで乗り換えが必要だと思っていたのだけど…。

念の為、乗務員にも聞いてみたら、やはりトゥンドゥーマまで行くと言う。

そうなのか。

私のバスチケットは、ムベヤまでなのだけど。

追加5,000シリング(約250円)で、乗せてくれる事になった。

つまり、ドドマ - トゥンドゥーマ間のバスは、合計で33,000シリング(約1,650円)という事だ。

タンザニア時間の19:00過ぎ、トゥンドゥーマに到着。

所要時間は、約13時間。

事前情報によると、ムベヤで乗り換えたトゥンドゥーマ行きのバスは、トゥンドゥーマに着く前に左折してしまうという事だった。

だから、地図アプリを確認しながら、バスが方向を変えたら停めてもらって降りるのだと。

だけどこのドドマから乗って来たバスは、国境のすぐ近くまで行ってくれた。

乗り換えも必要なかったし…このシャビビー(Shabibi)というバスは、なんて楽なんだろうか。

タンザニア-ザンビアの国境の町「ナコンデ」で朝を待つ

国境のゲートをくぐる。

普段は、国境は真っすぐ1本道で、その途中にあるイミグレーションオフィス(出入国管理局)を順番に訪ねて回るのだけど。

このゲートの中は、真っすぐではなくて「小さな町スタイル」になっている。

どの建物がそれなのか…人に尋ねながら探す。

どうやら、ケニア-タンザニア間の国境と同じく、1つの建物の中で「出国」と「入国」の両方が完結する様だ。

建物さえ見つけてしまえば、あとは簡単だ。

タンザニアの出国ブースに並ぶ。

アフリカ人(タンザニア人かザンビア人…)は、「エボラ出血熱について」と書かれたパンフレットをもらっている。

もらうだけではなくて、簡単に説明を受けたりもしている。

私の時は、エボラについては全く触れられもしなかった。

エボラ出血熱は、多くの国で終息しているはずだけれど。

パンデミックが収まっただけで、まだ「土着の病気」としては、残っているんだろうか。

ケニア-タンザニア間の国境でもそうだったけれど、ここでもイエローカードの提示を求められる。

イエローカードは、「黄熱病」の予防接種を受けた証明書。

アフリカや南米の国々には、これがなければ入国できない国があるのだ。

1度予防接種を受けていれば、一生涯有効。

ザンビアの入国審査官は、ストレートヘアーの女性だった。

ストレートとは言っても、くせ毛気味のふんわりヘアーだけれど。

ケニアからタンザニアまでは、チリチリの毛質の人ばかりだったのに。

だから彼女たちは、チリチリを活かしてドレッドヘアーにするか、男性の様に短くカットしているかのどちらかだったのだけど。

ザンビア人は、こうも毛質が異なるのだろうか…。

後で知った事だけれど、これは恐らくウィッグだ。

ザンビアには、ウィッグ屋さんがたくさんある。

ザンビアのアライバルビザは、$50。

$100を出すと、「お釣りはない」と突っ返される。

こちらも「これしかない」と言い切ると、お釣りを探しに席を外してしまった。

お釣りがないなんて…ビザが必要な国の人間がここを通るのが、珍しいという事だろうか。

ちなみに、他の国境だと「ザンビア・ジンバブエの共通ビザ(ユニビザ)」が取得できたりするみたいなのだけど。

ここの国境では、不可。

つまり、ビクトリアの滝をザンビア側から見て、「ジンバブエ側には日帰りで見に行く」というカジュアルな事はできなさそう。

しっかりとジンバブエにも入国し、そしてザンビアにはもう戻れない。
(再びビザを取れば戻れるけど)

それにしても、タンザニア側の審査官は比較的普通の対応なのだけど、このザンビア側の女性審査官は、気怠い雰囲気だ。

彼女がそうなのか、ザンビア人は不真面目なのか…。

手続きを終えて、外に出る。

タンザニアから建物に入った時は、まだ夕方だったのに。

ザンビアは、既に夜になっていた。

ちなみに、タンザニア-ザンビア間には、1時間の時差がある。

1時間分、時間が巻き戻る。

つまり、1時間分、また日本時間から離れる事になる。

ここから先、「南部アフリカ諸国」は、どの国も日本との時差は-7時間だ。

すっかり真っ暗になっていたザンビア。

この「小さな町スタイル」の国境では、一体どちらがザンビアなのかもわからない。

近くにいた男性に聞いてみたら、なんとバス乗り場まで案内してくれる事になった。

男性は、出国ゲートを越えても、どんどんと進んでいく。

ザンビア側の国境の町は、ナコンデ(Nakonde)へと名前を変える。

夜のナコンデは、街灯さえもなく。

車のテールランプの灯りと、小さな売店から時折漏れるわずかな灯りだけが、夜道を頼りなく照らす。

道の窪みに、つまづきそうになる。

危ないな…。

そういえば私は、ザンビアのお金を持っていない。

男性が、ATMにも連れていってくれた。

優しい。

国境から随分と離れた場所に、バス乗り場があった。

「このバスがいいよ」と言われたバスに、素直に決める。

客引きもしつこくなく、対応は良さそうだ。

値段は、ザンビアの首都ルサカまでで345クワチャ(約2,587円)。

高い様に感じるけれど…ここからルサカまでは、めちゃくちゃ遠いのだ。

とても、1日で行く距離ではない様に見える。

バスの出発は、明日の朝4:00という事だ。

現在時刻は、19:30頃。(多分)

今から、こんな暗闇の中でホテルを探すのは難しい。

それにこの町には、ロクな宿はないという情報もある。

という事で、目の前に停まっているこのルサカ行きのバスに、4時まで乗せてもらう事にした。

アフリカに来て、初めての「バス車中泊」だ。

一旦、バスに乗り込む。

すると、ここまで案内しれくれた男性が、隣に座る。

なぜ??

どうやら、両替の相談がしたい様だ。

私から声をかけた人が、「商売人」である可能性は低いと思っていたんだけど…。

彼と一緒に、彼の弟だという男性も乗り込んでくる。

ブラザーと言っていただけだから、「実の弟」なのか、「それくらい親しい他人」なのかは不明だけれど。

私が持っているタンザニアシリングは、34,000シリング。

日本円で、約1,700円。

アメリカドルなら、ざっくりと言っても17ドルの価値はある。

それなのに、私の34,000シリングと引き換えに男が渡してきたザンビアクワチャは、わずか50クワチャ。

50クワチャって…ざっくり1クワチャ10円で計算しても、500円の価値しかない。

しかも今はもう少し低くて、1クワチャ7.5円くらいだから、厳密に言えば約375円だ。

私が通貨の価値を知らない旅行者だと踏んで、大きく出たな…。

「安すぎるよ!」と、怒った様子で34,000シリングを無理やり奪い返す。

「タンザニアシリングの価値は、とても低いんだよ」と、もっともらしい言い分を聞かせてくる。

馬鹿にしやがって。

「私は知っているよ。34,000シリングは、約17ドル。50クワチャは、たった5ドルじゃないか!」

すると、彼のブラザーが110クワチャを渡してくる。

それでも、ざっくり計算で1,100円。厳密に言ったら、825円。

そんな安値で交換するくらいならね、もう「お土産」として持って帰った方がマシ。

こんな卑怯なやつらの利益になんて、貢献したくないよ。

すると今度は、「銀行のレートとは違うんだよ!」「シリングなんて持っていても、ザンビアでは何も買えないよ!」という言い分。

いいんだよ。
元々たった50クワチャで交換しようとしてきた奴の言い分なんて、聞きたくないね。

「必要ない、もうあっちへ行って」と追い払う。

「いくらならいいのか」と言われたので、「170クワチャ」と答える。

1クワチャ10円計算の時なら、これで同額。

今のレートでは1,275円になるから、これでもかなり損だけど。

「そんなのは不可能だ!」と言われる。

別にいいよ。

私は別に、交渉をしているのではないのだから。

だけど、どうにか私のシリングが欲しいらしい。

最終的には、170クワチャでまとまった。

100クワチャと7クワチャを渡してくるという、姑息なイベントを挟みながらね。

いやいや、いくら不慣れな旅行者でも、70と7を間違えたりしないでしょうに。

馬鹿にしやがって。(←再び)

「さて、このあと飲みに行こうか!」と誘ってくる。

はぁ??

何を言っているのかこの人たちは。

ありえない。

もちろん、バスを出ていってもらう。

はぁぁ…。

バス泊に備えて、水や食料の調達などをしておきたい。

バスを降りると、目の前にチケットブースを構えているスタッフたちが「どこへ行くの!?バスに乗っていていいんだよ!」と言ってくる。

え…バスから降りない方がいいのかな??

「この辺りは、危険なの?」と聞いてみると、「危険ではない」と。

なんだ。笑

「水を買いたい」と言ったら、あっちだよと教えてくれた。

本当だ、暗闇の中に、路上店が3店舗ほどあった。

500mlの水を、5クワチャ(約37円)で購入。

ここには、飲み物しかないみたいだ。

よくよく目を凝らしてみると、道路を渡った対面に、ローカル食堂らしきものがある。

入ってみると、穏やかな店員が出迎えてくれた。

「何か食べられますか?」と聞いたら、「チキン&チップス」があるよと言われる。

25クワチャ(約187円)。

チップスって、フライドポテトの事なんだね。

南部アフリカでは、イギリス料理昔ながらのローカル料理が入り混じっているみたい。

こんな西洋風の料理でも、彼らにとってはローカル料理なのだ。

ローカル料理のチキン&チップスを満喫して、バスに戻る。

ここで、朝4時まで待たなければならない。

リクライニングを倒す事ができたのが、せめてもの救いだ。

▼次回のお話し▼
ザンビアの国境の町ナコンデから、首都ルサカへ!16時間のバス移動

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)