ー世界はきっと、美しいー
ケニア -Kenya-

ケニアのナイロビで米ドルを入手&タンザニアのモシ行きのチケットを予約

【アフリカ大陸縦断記】2020/01/17

ナイロビ(ケニア)-Nairobi-

ケニアは「ナイロビ」にしか滞在しておらず、そしてスラム街とサファリのツアーへの参加くらいしかしていないのだけど。

明日は次の国タンザニアへ移動しようと思う。

今日は、タンザニアの「モシ」という町行きのバスチケットを購入して、いつの間にか残り$50になってしまった米ドルを補充しに行く。

▼前回のお話し▼
【サファリツアー in ケニア|マサイマラ3日目】ライオンにたくさん出会えた日

ナイロビで、モシ(タンザニア)行きのバスを予約

色々なバス会社があるみたいだけど、多くの人が使っている「ダーエクスプレス(DAR EXPRESS)」にしようと思う。

国境越えだしね…実績のある会社が無難かと。

ダーエクスプレスは、宿から徒歩5分ほどの場所にあった。

(宿を出て、宿とは反対車線を右へ進む)

ここで、タンザニアのモシ行きのバスを2,000シリング(約2,000円)で予約。

なんと、バスのシート表を見せてくれて、空席の中から好きな席を選ばせてくれた。

なんて親切なんだ。

これは、信頼できそうだ。(←単純)

ケニアのナイロビで、米ドルを入手

ここ、ケニアのナイロビには、米ドルを引き出せるATMがあるらしい。

エジプトのカイロでは、「カジノに行ってゲーム代として米ドルを購入する!」というクレイジーな方法を渋々取ったのだけど。

人生初、カジノに行ってみる|カイロで米ドルを入手しよう

ATMから引き出せるなんて、とても有難い。

場所は、ヒルトンホテルの正面に向かって左側にある銀行。

この銀行を左側へ回ると、ATMコーナーがある。

そこで、警備員に米ドルを引き出せるATMがどれなのかを聞いて、いつも通りにATMを操作する。

いくら引き出すか、凄く迷ったけど…。

一応、キャッシングだしね。

控えめに、$1,000にしておいた。

無事に、米ドル入手!

これで、この先のツアー代とビザ代は、賄えるだろう。

ケニアのお土産を買ってみる

私はあまり「物欲」はない方なのだけど。(たぶん)

ケニアで、欲しいものがある。

多くのケニア人が、腕に付けている「ケニアの国旗柄のブレスレット」

あれが欲しい。

ローカルたちが、みんな付けているんだもん。

マサイマラ国立保護区へのツアーに行く途中に寄ったお土産屋さんでは、なんと1,500シリング(約1,500円)と言われたのでやめた。

だって、ケニア人はこれを3つも4つも腕に付けているんだ。

そんなに高いはずがない。

適当に歩き回ってみると、それらしいお土産が買えそうなショップを発見。

中に入ると、無事に目的のブレスレットを発見する事ができた。

料金は、150シリング(約150円)。

値段交渉はしていないから、もしかしたらもう少し安く買えるのかもしれないけれど。

マサイマラへ行く途中のショップの、10分の1だ。

やっぱり、かなりの観光地価格だったみたい。

旅に出て初めて、「お土産」らしき物を買った。

これで私も、ケニアのローカルたちに少し近づけた様な気持ちになる。

ナイロビのローカルレストランで夕食

そういえば、ナイロビでの外食と言えば日本食レストランの「てりやきジャパン」に行ったくらいだなと気づく。

1回くらいは、ローカルレストランに行かなければ。

宿の近くに、レストランらしき建物があったので入ってみる。

階段を登っていくと、左と右にお店がある。

私が行きたいのは、左のお店。

なのに、階段の上で待機していた人が、右のお店に私を誘導する。

「同じお店だよ」と言われるのだけど、どう考えても夜の雰囲気のするバー的なお店にしか見えない。

「私は、レストランに行きたいのだ」と伝えるも、「ここにも、レストランはある」と。

その言い方から、多分違うお店なのだなと気づき、「でもあっちで食べたいのだ」と、店を出る。

特に、それ以上強引にはされなかった。

やっぱりケニアはいいなー。

左のお店に入ると、やはり右のお店とはまるで雰囲気が違った。

うん、やっぱり違うお店だよね。

オススメを聞いてみたら、「ビーフとマトゥンボと豆」を勧められる。

マトゥンボって何!??笑

聞いてみたら、なんと試食をさせてくれた。

イカみたいなものかな…?

ビーフと豆も試食させてくれた。

ライスも試食させてくれた。

…いやいや、ライスはわかるよ!笑

でも優しいな。

ビーフが一番美味しいなと思ったのだけど、せっかくなので初耳のマトゥンボを注文。

美味しい…けど、食べ続けると飽きる味かな。。?

私が最近小食気味なのもあると思うけど。

でも、気持ちのいい接客を受けて、ローカルフードを食べる事もできて良かった!

チセ…バレる。。

夜、珍しく共有スペースで日本人と会話をする。

もちろん私から積極的に輪に入るはずもなく、今日到着したらしい日本人の男の子に話しかけて頂いて。

その流れで、何人かの日本人とも会話をする。

南から北上してきた女性と話していた時。

彼女は、これから行くエチオピアについて色々考えている様で。

「ブログでエチオピアの記事読みましたよ。チセさんですよね?」

…。

いや、隠しているわけではないから、「いいえ」とも言わないんだけどさ。

有意義な情報発信ブログならともかく、感情丸出しのただの日記だから、「あれを書いているのは私だ」と知られるのは、なんだか恥ずかしい。

しかもエチオピアの記事なんて、ほぼ全ての記事がネガティブでマイナス思考な記事なのに。

いや、読んで頂いたのはね、とても嬉しいのだけど。

誰かに読んでほしくて、公開しているのだから。

矛盾しているな、私。

なんだか複雑な気分の、ケニア最終日の夜。

ケニア旅行記・完

 

▼次回は、ケニア旅行まとめ記事▼
【まとめ】8日間のケニア旅|費用・ルート・ダイジェスト

▼次のお話し▼
【陸路国境越え】ナイロビからモシへ!最も実感のない国境越え(ケニア→タンザニア)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)