ー世界はきっと、美しいー
南アフリカ -South Africa-

【南アフリカ共和国旅行】移動情報

南アフリカ共和国を、西から東へ縦断。

ナミビアから入国して、一旦レソトに入国後、再入国。

アフリカ大陸を去るまでの14泊15日の旅。

移動情報について。

南アフリカ共和国の長距離移動バス

南アフリカ共和国での長距離バス移動は、全てインターケープ(INTERCAPE)を利用。

主要都市間であれば、ほぼ全土を網羅していて便利。

ホームページで運行スケジュールや運賃を確認でき、予約もできる。

インターケープ社のHP
https://www.intercape.co.za/

車内にトイレもあるし、座席も広くて快適。

(トイレ付きだけれど、適度にトイレ休憩もある)

Wi-Fi付きという事だけれど、まともに使えた事は1度もなかったので、期待しない方が良さそう…。

運賃タイプは3種類あって、主にキャンセルポリシーの違い。

1番安いクラスは、予約時の座席指定が不可。

また、早く予約すればするほど安くなるらしい。

2階席の1番前の席からの眺望が素晴らしいので、オススメ。

(席番号1~4番を指定すれば、2階席の一番前をゲットできる)

移動情報

全てバス移動。

ウィントフック(ナミビア)→ケープタウン(南アフリカ共和国)

-Windhoek to Cape Town-

ウィントフック(Windhoek)から夜行バスでケープタウン(Cape Town)へ。

<バス会社>
インターケープ(INTERCAPE)

<バス乗り場>
インターケープのオフィス前。
ウィントフック駅の近く。

<料金>
座席指定可能な席を予約して、850ナミビアドル(約6,375円)。

一番安い席なら750ナミビアドル(約5,625円)。

<出発時刻>
16:30発

<所要時間>
約23時間

<国境越え>
深夜の3時頃に、国境越えの手続きがある。
荷物の中身も、細かく確認される。

<両替>
休憩所のATMで南アフリカ共和国の通貨を調達できる。

南アフリカランドは、隣国のナミビア・レソト・エスワティニ(旧スワジランド)・ジンバブエ・ボツワナでも利用可能。

だけど、逆に隣国の通貨を南アフリカ共和国で使う事はできない。

ケープタウン→ブルームフォンテン

-Cape Town to Bloemfontein-

<バス乗り場>
インターケープ社のオフィス前。

Intercape Office,Unit2,old Marine Drive,Cape Town Station

<料金>
350ランド(約2,625円)

<出発時刻>
17:30発

<所要時間>
約13時間30分

レソト入国~出国

ブルームフォンテン(Bloemfontein)からマセル国境を越えてレソトに入国。

その後サニ・パスを越えて再び南アフリカ共和国に入国。

レソト国内の移動情報は、レソトのまとめ記事にて。

【レソト旅行】移動情報、泊まった安宿

サニ・パス(レソト)→ピーターマリッツバーグ(南アフリカ共和国)

-Sani Pass to Pietermaritzburg-

サニ・パス(Sani Pass)から、ミニバスで国境を越えてアンダーバーグ(Underberg)へ。

ミニバスを乗り換えて、ピーターマリッツバーグ(Pietermaritzburg)へ。

サニ・パス→ピーターマリッツバーグ|ミニバス

<ミニバス乗り場>
レソト側のイミグレーションオフィス前。

※イミグレーションオフィスのスタッフに頼んで、ミニバスを予約してもらう。

<料金>
150ランド(約1125円)

<出発時刻>
あさ9:30発

※隣町モコトロンから来るミニバスに途中乗車のため、時間は変動。

<所要時間>
約2時間30分

ピーターマリッツバーグ→アンダーバーグ

<ミニバス乗り場>
サニ・パスからのミニバスが停車した場所。

<料金>
110ランド(約825円)

<出発時刻>
人が集まり次第、随時。

<所要時間>
約1時間

ピーターマリッツバーグ→ヨハネスブルグ

<バス会社>
インターケープ(INTERCAPE)

<バス乗り場>
インターケープ社のオフィス前。

<料金>
120ランド(約900円)

<出発時刻>
あさ9:40発

<所要時間>
約9時間40分

 

…以上っ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)