ー世界はきっと、美しいー
レソト -Lesotho-

【レソト旅行】移動情報、泊まった安宿

レソトを、西から東へ縦断。

南アフリカ共和国から入国して、また南アフリカ共和国へ出国する6泊7日の旅。

移動情報、泊まった安宿について。

移動情報

ミニバス、ヒッチハイク移動。

ケープタウン(南アフリカ)→マレアレア(レソト)

-Cape Town to Malealea-

ケープタウン(Cape Town)から夜行バスでブルームフォンテン(Bloemfontein)へ。

マセル国境を越えて、ミニバスでマレアレア(Malealea)へ。

ケープタウン→ブルームフォンテン|インターケープ夜行バス

<バス乗り場>
インターケープ社のオフィス前。

Intercape Office,Unit2,old Marine Drive,Cape Town Station

<料金>
350ランド(約2,625円)

<出発時刻>
17:30発

<所要時間>
約13時間30分

運航スケジュールと予約は、インターケープ社のHPから可能
https://www.intercape.co.za/

ブルームフォンテン→マセル国境|ミニバス

<ミニバス乗り場>
ブルームフォンテン鉄道駅(Blomfontein Station)の近く。

ガイドブックには、特に治安が悪いエリアとして、地図に注意マークが付いているので注意。

<料金>
120ランド(約900円)

<出発時刻>
人が集まり次第、随時

<所要時間>
約1時間40分

レソトは、ロティという独自通貨を持っている。

レソトでは、南アフリカ共和国のランドも流通している。

だけどレソトのロティは南アフリカでは使えないので、予め南アフリカでレソト滞在分のランドを入手しておくと便利。

両者のレートは同じ(1ランド=1ロティ)。

滞在中ランドのみで支払いをしていても、お釣りでロティをもらってしまう事もある。

レソト出国前に、財布の中のロティを確認して使い切っておくことを忘れずに!

マセル国境→マセル市内|乗合タクシー

<タクシー乗り場>
国境のすぐ近く

<料金>
8ランド(約60円)

<出発時刻>
人が集まり次第、随時

<所要時間>
失念…5~15分くらい?

マセル市内→マレアレア|ミニバス

<ミニバス乗り場>
国境からのタクシーが連れていってくれるところ

<料金>
60ランド(約450円)

<出発時刻>
人が集まり次第、随時

<所要時間>
約5時間

マレアレア→アフリスキ-

-Malealea to Afriski-

マレアレア(Malealea)から首都マセル(Maseru)へ戻り、ブサ・ブセ(Butha Buthe)を経由してアフリスキ-(Afriski)へ。

合計11時間の移動。

マレアレア→マセル|ミニバス

<ミニバス乗り場>
マレアレアロッジの正門前

<料金>
60ランド(約450円)

<出発時刻>
1日数便。1~2時間毎くらい?

(私たちは、10時頃に出発)

<所要時間>
約3時間

10時に出るのは、モコトロンを目指すなら、アウトな時間。

6時台…遅くとも7時台には出発したい。

アフリスキ-までだとしても、到着は21時と深夜になった。

宿の精算は、前日までに済ませる

マセル→ブサ・ブセ|ミニバス

<ミニバス乗り場>
マレアレアからのミニバスが到着したところ。

<料金>
84ランド(約630円)

<出発時刻>
人が集まり次第、随時

<所要時間>
約3時間

ブサ・ブセ→アフリスキ-|ミニバス

<ミニバス乗り場>
マセルからのミニバスが到着したところ。

<料金>
90ランド(約675円)

<出発時刻>
人が集まり次第、随時

<所要時間>
約2時間

アフリスキ-→サニ・パス

アフリスキ-(Afriski)から、モコトロン(Mokhotlong)を経てサニ・パスへ(Sani Pass)。

※モコトロンへは、前日に到着しておくのもあり。

アフリスキ-→モコトロン|ヒッチハイク

<ヒッチハイク場所>
アフリスキー・マウンテン・リゾート(Afriski Mountain Resort)から幹線道路へ戻り、適当な場所で。

<料金>
90ランド(約675円)

<出発時刻>
ヒッチハイク成功次第。

私たちは、1時間15分の待ち時間。
日曜日だったために、車通りが普段より少なかった可能性あり。

<所要時間>
約1時間

モコトロン→サニ・パス|ミニバス

<ミニバス乗り場>
ヒッチハイクの車が止まってくれた場所。
道路を挟んだ正面に、大きいスーパーがある。

<料金>
失念…。

<出発時刻>
人が集まり次第、随時

<所要時間>
約1時間15分

レソト移動のコツ

レソトでは、「〇〇行き」でミニバスに乗っても、途中で乗り換えを促される事が多々ある。

また、上記に記述した乗り換え情報も、タイミングによっては変わってくる。

マレアレアからマセル行きのミニバスに乗ったのに、途中で乗り換えになったり。

マセルで「アフリスキ-に行きたい」と伝えたら、ブサ・ブセ行きのミニバスに乗るように案内されたり。

とりあえず〇〇まで行きたい!と伝えておけば、きちんと責任をもって「リレー」の様に目的地まで繋いでくれるので安心。

目的地だけ伝えて、あとは流れに身を任せていれば、レソトでは旅ができる。

泊まった安宿

マレアレアではツインルーム、アフリスキ-とサニ・パスではドミトリーを利用。

テント泊で安く済ませる事も可能だけれど、標高が高いため季節によっては極寒。

室内泊を激しくオススメ。

レソトは、Wi-Fi環境があまりよくない。

SIMカードを手に入れても、あまり使えないとの噂あり。。

ある程度の情報収集は入国前に済ませ、あとは電波のないレトロな旅を楽しもう。

マレアレア|マレアレア・ロッジ(Malealea Lodge)

  • ツインルーム|1室480ランド(約3,600円)
  • トイレ、シャワーは室外
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり(有料)
  • キッチンあり
  • レストラン、バーあり
  • ランドリーサービスあり
  • ビリヤード、卓球あり
  • ポニートレッキングの申し込み可能
  • 消灯時間は22:00

マレアレアに唯一あるロッジ。

付近には、ローカルなレストランや売店がある。

また、ローカルバーが村で唯一の娯楽施設のため、レソト人は毎晩このバーに集まりビリヤードやトランプに興じる。

それを見学させてもらったり、一緒にビリヤードをプレイしたりするのが面白い

のどかなレソト王国の小さな村「マレアレア」の風景&ローカルバーに入り浸る日々

ポニートレッキングの申し込みも可能。

アフリカのスイス!レソト王国マレアレアで、ポニートレッキングを堪能

消灯時間が22:00のため、夜は灯りがなく真っ暗。

そのため、星空がとても綺麗に見える。

アフリスキ-|アフリスキー・マウンテン・リゾート(Afriski Mountain Resort)

  • ドミトリー:180ランド(約1,350円)
  • トイレ、シャワーは室外
  • ホットシャワーあり ※アツアツ~ヌルイの間くらいの温度。
  • Wi-Fiなし
  • キッチンあり
  • レストランあり

標高3322mの高地にあり、とても寒い。

ドミトリー棟には毛布がないので、自身での防寒対策が必須。

レソト唯一のスキー場。
(スキー場の営業は冬のみ)

周囲には、リゾート以外に何もない。

スーパーなどの施設が充実している「街」に滞在したいのであれば、もう少し頑張って「モコトロン」まで行けば便利。

※多くの人はモコトロンのgrowという宿に泊まっている様子

サニ・パス|サニ・マウンテン・ロッジ(Sani Mountain Lodge)

  • ドミトリー|305ランド(約2,287円)
  • トイレ、シャワーは室外
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり(ドミトリー棟では使用不可)
  • キッチンあり
  • レストラン、バーあり
  • 消灯時間は22:00

南アフリカ共和国との国境まで、徒歩数分の立地。

ドランケンスバーグ山脈を見下ろす場所にあり、宿のすぐ目の前が絶景

天空の王国レソト!絶景・サニパスの崖の上から見る朝日

標高は2,873mで夜は極寒だけど、部屋には毛布がある。

Wi-Fiはドミトリー棟では使えないので、レセプション棟の暖炉の部屋で。

レセプション棟からドミトリー棟までの間に、小さな売店がある。

そこで簡単な食材を買って、ドミトリー棟で自炊が可能。

小さな売店には売っていないような食材や日用品などは、モコトロンで調達しておくと安心。

 

…以上っ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)