ー世界はきっと、美しいー
インド -India-

インド旅行はビザを取るところから始まるとか|大阪領事館と陸路入国

インド旅行はビザを取るところから始まる

なーんて言われているほど、取得に手間取るインドビザ。

9割の人が1度は失敗する!なんて言っている人もいる。

インドビザは世界一取得が難しい!なんて言う人も。

ビザを取ろうと動いたその瞬間から、既にインドとの戦いは始まっているのだ。

実際、私も2年半前に一度失敗をしている。

参考

インドビザを郵送サービスで申請 ~入国前から手強いインド~

今回は大阪管轄長期旅行というだけで、前回よりも悩まされたのでその記録。

【2019年05月現在】
60日以内の滞在であれば、アライバルビザの取得ができるみたいです。
詳しい条件は、大使館のHPでご確認ください。
日本人向け到着時ビザプログラム

ビザの申請先が「東京管轄」か「大阪管轄」かで迷う

私のパスポートには本籍「HOKKAIDO」と書いてあり、パスポートの発行は「TOKYO」。

大阪領事館で受け付けてくれるのか!?と思ったのだけど、あくまで現在住民票がある土地で判断するみたい。

「大阪在住」の証明として、住民票や免許証を提示すればok。

オンラインでの申請書作りがメンドクサイ

オンライン申請ができるのではなく、あくまでも「申請書」をオンラインで作成するというもの。

数ページにわたる英語の質問に答えていき、最後に完成したPDFファイル2枚を大使館・領事館に提出する。

しかも、モタモタしていると時間切れで最初からやり直し。
最後に確定してからミスに気づいても最初からやり直し。
大使館・領事館に提出してミスを指摘されたら慌てて最初からやり直し。

厳しいーーー!

最初に迷ったのが、申請先の質問。
「TOKYO」or「KOBE」

へ!?神戸!?大阪じゃなくてっ!?

調べてみたら、大阪管轄の場合は「KOBE」を選択すればok。
だけど申請先は大阪の領事館。ややこしい。

次に、パスポートの発行地で迷う。
パスポートを取得したのは北海道で、更新したのが東京なのだけど「東京」でいいのかな?
だけどパスポートの顔写真のページには本籍(北海道)しか書いてないんだけど。

これは、パスポートの最後のページを見れば解決。
交付官庁:1303と書かれている。
最初の2桁が発行都道府県で「13」は東京なんだとか。

知らなかった!勉強になるな~。

そんな感じで調べ調べやっていたら、時間切れでやり直し。
はぁぁ。。。

だけどその後の質問は、まぁまぁスムーズに進み完了。
前に一度やっているしね。

「両親はパキスタン人ですか」とか「パキスタンに行った事ありますか」とか。
「親の出生地」とか「過去10年間に訪れた国」とか。

インド旅行は2回目なので、前回の旅行スケジュールなんかも記入。

細か~い。

航空券を持っていない件について猛烈に悩む

これが一番の悩み。

予定としては、ネパールに飛行機で入国。
帰国はインドからだけど、もちろん日程なんて未定。

どちらにしても、インドの航空券は往復共に持っていない。

しかも航空券の提出が必要になったのが2015年6月からの様で、先人たちの体験談のサンプルが少なすぎる。

方法は大まかに2つ。

  1. ダミーの航空券を発行する。
  2. 陸路出入国をする事にして、英文日程表を作る。

ダミーの航空券を入手できればそれが一番確実なのだけど、イマイチ良い航空会社を発見できず。

どこも予約時に入金が必要だったり、未入金で予約できても英語の予約確認書面がなかったり。

という事で、英文日程表を作成することにした。

体験談を一つだけ発見したので、ありがたく参考にさせて頂く。

ネパールから陸路でインド入国、陸路でバングラデシュへ出国という事にした。

だけど、5ヵ月にも及ぶ日程表。
「本当にこんなに細かいスケジュールが決まっているのか!?」と突っ込まれたらどうしよう。

かといって、適当に1ヵ月くらいで作成して、1ヵ月分のビザしか発行されなかったら嫌だ。
(5ヵ月も滞在しないと思うけど、念の為MAXの6ヵ月ビザが欲しい)

念の為、最初の滞在予定地のホテル予約確認書を入手する。

英文日程表では、最初は「バラナシに17泊」としているのでホテルサイトでその通りに予約。

英語の予約確認書を印刷したら、即キャンセル。(ゴメンナサイ)

本当にこれでいいのか不安すぎるけど、今できる最大限の備えはこれしかない。

写真の背景が青い問題!泣

インドビザの写真は「5㎝×5㎝」「背景は白」。

えぇ!?
私が用意した写真の背景、青なんですけど。。。

はい、やり直し。

しかも「5㎝×5㎝」なんて変なサイズの写真、余っても使い道なんてなさそうだ。

ついにインド領事館へ!

必要書類を持って、いざインド領事館へ。

必要書類
  • オンラインで作成した申請書(2枚)
  • 有効なパスポート
  • 背景が白!の写真
  • 現住所が確認できる身分証
  • 手書きの英文日程表
  • ホテルの予約確認書
  • 過去に取得したインドビザと出入国スタンプのページのコピー
  • (過去のパスポートにインドビザがある場合は、その過去のパスポート現物)

受付は9:30~11:30。

大抵の人はそこでやり直しを命じられて、慌てて近くのネットカフェなどで作り直すそうな。
11:30までに全てを終えなければいけないから、時間との闘い。

やり直す気満々で、ノートPCを持って9:45分に到着する。

 

ものすごく混んでいる。

混沌とした世界が広がっていて、スパイスの匂いこそしないものの、そこは既にインドだ。

書類の不備を指摘された日本人とインド人スタッフの間で、バトルが繰り広げられている。

もう、とにかくカオス!
既にインド旅行は始まっているのだー!

 

そんな数々のエピソードを聞いたことがあるので、若干楽しみにしていたのだけど、普通に静かなオフィスだった。笑

私の整理券番号は4番。
既に3名の日本人。(少なっ!)

10分ほどで呼ばれる。

書類を提出。
ペラペラとめくるインド人。

「航空券はっ!?」

(キター!)

答えるより早く、
「んんっ!?何これ??」

それは自作の英文日程表。

「あ、陸路入国なので、にって・・・」
(遮って)「保険証か免許証出してっ!!!」

「はい」

(えぇ!?航空券持ってない件は、もうどうでもいいのか??笑)

とにかく、航空券の件も日程表の件もそれ以上は触れられず、また座って待つ。

待つこと20分。

私の前の女性が呼ばれる。
「ビザ代1550円ね!え!?お釣りはないよ」
「チセさーん!」

(呼ばれた!あ、でも両替頼まれるだけかもっ??)

「ビザ代1550円ね!」

(やったー!)

私もぴったりの金額は持っていなかったので、お金を崩しにコンビニへ。
前の女性は、「お釣りないってあり得なくないですかっ!?」と驚いている。

いいんです、いいんです。
ビザくれるなら、お金崩す手間くらいお安い御用です。

勝率50パーセントくらいの気持ちで挑んでいた私は、無事に受理された事で喜びに満ち溢れていた。

小銭を入手して無事に払い終わると、引換証をわたされる。
この日以降に受け取りに来てくださいねと書かれた日付は、3営業日後。

やったー♪

気張って挑んだビザ申請は、コンビニへ外出した時間も合わせて40分程度で終了。

ビザの受け取りは日本の祝日なのだけど…

日本の祝日でも、インドは平日だから開いてますよ
…と言われていたので、信じて予定の時間に訪問。

すると、日本は祝日だからか、ビルのシャッターが閉まっている。

えーーー!!!

どこか別の入り口はないものかと思って、ウロウロしてみる。
すると、左手の駐車場の入り口付近に、なんとインターホンがあった。

部屋番号を押してみたら、「はーい、どうぞー!」と言われてオートロックが解除された。

よかった。

そして、無事にビザの張られたパスポートが返却される。

前回「TOURIST」と記載されていた場所が、今回は「T-1」となっているのが気になるんだけど…。

うん、でも正真正銘のインドビザだし。
マルチプルって書いてあるし。

散々悩みながら申請したインドビザだけど、意外にすんなりと取得完了。

インドビザがスムーズに取れた人は、その後のインド旅行もスムーズに進む。
インドビザに苦戦した人は、その後のインド旅行でも何故かトラブルばかりに見舞われる。

なんていう逸話もある。

とりあえず、一安心。

海外のホテル予約ならBooking.com!

【Booking.com】

海外のホテル予約はBooking.comで。
現地払いだから、安心です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です