ー世界はきっと、美しいー
エチオピア -Ethiopia-

【エチオピア旅行】移動情報(バス)、泊まった安宿

エチオピアを、北から南へ縦断。

スーダンから入国して、ケニアへ出国。

移動情報と、泊まった安宿について。

移動情報

全てバス移動。

ガダーレフ(スーダン)→ゴンダール(エチオピア)

-Qadarif to Gonder-

ガダーレフから、国境の町ガラバット(Gallabat)までバスで行き、そこからミニバスに乗り換える。

ガダーレフ→ガラバット

<バス乗り場>
カッサラからのバスが到着する場所からは離れている。
トゥクトゥク運転手に「ガラバット」に行きたいと伝え、連れていってもらう。

<料金>
バス乗り場までは、ALMOTWAKIL HOTELから、トゥクトゥクで50ポンド(約66円)。

ガラバットへのバス代は、150ポンド(約198円)。

<出発時刻>
バスが満席になり次第。

<所要時間>
約4時間

ガラバット→ゴンダール

<バス乗り場>
国境から、約2キロ南。
トゥクトゥクで行ける。

<料金>
ミニバス乗り場までのトゥクトゥク代が50ブル(約165円)。

ゴンダールへのミニバス代が、300ブル(約990円)。

<出発時刻>
ミニバスが満席になり次第。

<所要時間>
約5時間

<参考>
【陸路国境越え】スーダンからエチオピアへ|キリスト教徒の国に来た

ゴンダール→アディスアベバ

-Gonder to Addis Ababa-

<バス乗り場>
ピアッサ(Piazza)のロータリーから少し進んだところ。

VIPバスの会社は数社あり、前日にツーリストインフォメーションに教えてもらった。

私は、ザマン(ZEMEN)という会社のバスを利用。

乗務員がマメに車内のゴミ集めなどをしていて、意識が高い。オススメ。

<料金>
500ブル(約1650円)

<集合時刻>
午前3時

<所要時間>
約12時間

※ローカルバスの所要時間は2日

<参考>
ゴンダールからアディスアベバへVIPバスでゆく|エチオピア嫌いが治りそう

アディスアベバ⇔メケレ

-Addis Ababa to Mekele-

アディスアベバ→メケレ(往路)

<バス乗り場>
Meskel Squareの近くに、たくさんのバスが停車している。

そこへ行って、人に聞きながら探す。

<料金>
片道$10。
(エチオトラベル&ツアーズに予約を依頼した場合)

<集合時刻>
午前4:30

<所要時間>
約15時間

<参考>
アディスアベバからメケレまで15時間の大移動|しっかりしてよETT…!

メケレ→アディスアベバ(復路)

<バス乗り場>
セティホテル(Seti Hotel)から徒歩2分。

<料金>
片道$10。
(エチオトラベル&ツアーズに予約を依頼した場合)

<集合時刻>
午前2時

<所要時間>
約14時間

<参考>
メケレから、アディスアベバへ|そしてアルバミンチ行きのバスを予約

アディスアベバ→コンソ

アディスアベバからアルバミンチ(Arba Minch)までVIPバスで行き、そこからミニバスに乗り換える。

アディスアベバ→アルバミンチ

<バス会社>
セルムバス(Selam Bus)を利用。

ザマンバス(ZEMEN)は満席だった。

スカイバス(Sky Bus)という会社でも行けるとの情報あり。

<バス乗り場>
Meskel Squareの近く。

セルムバスのチケットオフィスから、道路を挟んで丁度対面あたり。

行先が書かれた立て札あり。

<料金>
320ブル(約1056円)

<集合時刻>
午前4:30

<所要時間>
約8時間30分

アルバミンチ→コンソ

<ミニバス乗り場>
バスを降りた場所から徒歩5分ほど。

<料金>
助手席を2席使わせてもらって250ブル(約825円)。

バックパックは座席に持ち込みのため、この方法がオススメ。

1席分なら150ブル(約495円)。

<出発時刻>
頻発。
満席になり次第。

<所要時間>
4時間半

<参考>
アディスアベバからアルバミンチ、そしてコンソへ!「少数民族巡り」には行かないよ

泊まった安宿

全て個室に宿泊。

ゴンダール|ミケル(Hotel Michael)

  • シングルルーム:400ブル(約1320円)
  • トイレ、シャワーは室内
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり

1泊目は満室だったため、シングルルームと同料金で4人部屋に宿泊。

スタッフが親切との口コミを見てここに決めた。

私的には、親切が過ぎるというか…しつこく誘われて不愉快だった。

特別な用もなく、夜に部屋に訪ねてきたりする。

それ以外には問題はなかったので、男性にはオススメかも。

アディスアベバ①|ウトマホテル(Wutuma Hotel)

  • 朝食込み|500ブル(約1650円)
  • 朝食なし|450ブル(約1485円)。
  • トイレ、シャワーは室内
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり

近くに、タイトゥーホテル、バロホテルという日本人に人気の安宿もあり。

3件の中では、恐らくウトマホテルが1番高い。

清潔で、スタッフの対応もいい。

旅行会社併設で、ここでダナキルツアーのディスカウントが可能との情報あり。

朝食はビュッフェで、味は普通。

アディスアベバ②|エチオトラベル&ツアーズのゲストハウス

  • 無料(ツアーの前後1泊ずつ)
  • Wi-Fiあり
  • ホットシャワーあり
  • ETTオフィスから徒歩5~10分ほど。

ツアーに申し込めば、メケレへの出発の前日と、戻って来た日に1泊ずつ(合計2泊)が無料。

部屋は、どれでも好きな部屋を選んでいいよと言われる。

バス・トイレが室外の普通サイズの部屋と、バス・トイレが室内の大きい部屋がある。

メケレ①|LKペンション(LK Pention)

  • シングルルーム:300ブル(約990円)
  • トイレ、シャワーは室内
  • ホットシャワーなし ※ヌルシャワー
  • Wi-Fiあり

ホットシャワーありとの事だったが、かなりヌルいシャワー。

ホットシャワーのタンクが最上階にあるので、下の部屋まで届かないのだとか。

だから、上の階なら使えるのかな??

ここよりも、次に紹介するユニオン・ペンションの方がオススメ。

「セティ・ホテル(Seti Hotel)」というホテルも後日見に行ったけれど、ホットシャワーは出なかかった。

メケレ②|ユニオン・ペンション(Union Pension)

  • シングルルーム:250ブル(約825円)
  • トイレ、シャワーは室内
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり ※室内は弱い

部屋はとても清潔で、ホットシャワーもWi-Fiも使えるというのに、この値段。

ただし、チェックイン時に対応してくれたスタッフは、英語が話せなかった。

(ここまで連れてきてくれたETTスタッフが通訳をしてくれた)

※翌朝に会ったスタッフは英語が話せたから、人によるのかもしれない。

場所は、Belle Vue Cafeの通りを少し奥(南西)に進んで、1番初めの道路の手前。

道なりに行くと、少し道がカーブしているので、カーブに沿って少しだけ奥に入った所。

コンソ|ファロ・ファミリーペンション(FARO Family Pention)

  • シングルルーム:150ブル(約495円)
  • トイレは室外(ボットントイレ)
  • シャワーなし
  • 室内に洗面所あり、水は出ない
  • 蚊帳あり ※穴が開いている
  • Wi-Fiなし

コンソの宿は、どこもこれくらいのクウォリティーらしい。。

「コンソは、ケニアに抜ける為にただ寝るだけの場所と割り切りましょう」という記事を書いている人がいたので、素直に従う。

隣にローカルレストランあり。

…以上っ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)