ー世界はきっと、美しいー
ネパールで帰国難民生活

ネパールで出会った可愛いネコちゃんたち|私が猫好きになった日

私は、動物全般が好きだった。

犬派猫派かと問われれば、どちらも好きと答えていた。

それでもどちらか一方を選べと言われたら…う~ん、どちらかと言うと犬派かな?

そんな私だったけれど、ネパールでの約6ヵ月間の生活を通して、圧倒的に「猫派」になってしまった。

そんな、私の人生の猫観に大きく影響を与えたネコちゃんたちをご紹介。

▼前回のお話し▼
ネパールでロックダウン(緩和)中にお世話になったポカラのレストラン4店舗

近所のネコちゃん|ミミ

私の人生の猫観を変えてしまった原因のネコがいる。

名前はミミ。

彼女(彼?)は、出会った当初はツンデレだった。

いや、ツンツンだった。

彼女と出会ったのは、ネパールに滞在して1ヵ月ほどが経った頃。

ロックダウンをきっかけに、目の前の中華レストランに入り浸り始めた4月。

彼女は、ニコリとも笑わないクールな表情で近づいてきて、私の食べ物のおこぼれをねだる。

全く媚びない、気丈な態度で。

彼女は撫でてあげようとしても、私にそれを許してはくれなかった。

まるで「私はそんなに安い女じゃないのよ」とでも言いたげな態度で。

可愛くないな。

そんな風に思っていた。

彼女と出会って3ヶ月ほどが経った7月上旬。

別のローカルレストランでチキンカレーを食べていた時の事。

ふいに現れたミミ。

(ミミは、近所の色々なレストランに出現する)

「あ!ミミじゃん~♪」と、いつもの通り無視をされる事を前提に、一応愛想よく声を掛けてあげる大人な私。

すると、彼女は真っすぐに私のところにやって来て、しなやかな動作で私の膝に乗って来た。

ミミ、一体どうしたの!?

しかも居心地の良い体勢を見つけると、目を閉じて無防備にお昼寝を始めたミミ。

一体、どういう心境の変化があったのか。

いやもう、可愛すぎるよミミちゃん。。

ずっとツンツンだったのに、急にデレデレされたらさ、そりゃあ一発で落ちるでしょう?

ミミは女子力の高い、小悪魔なネコだった。

そんな計算高い彼女の策略にまんまと引っかかった私は、それ以来、彼女を溺愛する。

夜に中華レストランに行くと、高い可能性で彼女に会えるのだけれど、彼女はいつも私の膝に乗りたがる。

可愛いな~。

食事中は彼女を床に降ろすのだけれど、降ろしても降ろしても乗ってくる。

ネコを飼っている人は、食事中どうしているんだろう?

嫌がる彼女を無理やり降ろすのは、とても心苦しい。

 

こんなに懐かれたら、もう私のネコなんじゃないかと思ってしまうよ。(←ストーカーの発想)

日本に連れて帰りたいなー。

日本は無理でも、せめてゲストハウスに連れ帰って帰国まで一緒に暮らしたい。

このミミとの出会いが、私を猫好きに変えたのだ。

ミミちゃん、可愛すぎる…♡

ミミにそっくりのネコ

ミミの事が好きすぎて、似ているネコにも反応してしまう。

たまに通っていたレストランで、ミミにそっくりなネコに出会った。

同じ種類かな!?

彼女(彼?)は、ミミとは違って初対面なのに懐いてくる。

こんなに似ているのに、ミミとは性格も真逆なんだなー。

初対面で懐かれるのも、それはそれで可愛い。

それまでの私だったら、色と模様が何となく似ているネコの見分けなんて、絶対にできなかったと思う。

だけど、彼女はミミに似ているけれど違うネコだなって、すぐに判断できた。

ネコ利きまで出来る様になったのか、わたし。

別のゲストハウスで出会ったネコちゃん

ある日、知人のゲストハウスを訪ねた時。

また新たなネコちゃんに出会ってしまう。

可愛い~♡♡♡

ミミとは違う種類の猫だけれど、この子はこの子で可愛い。

オーナーの話によると、最初は女の子だと思って女の子の名前を付けたのに、後から男の子と判明したんだって。

そんな事あるの…!?

だけど、名前は変更せずに引き続き女の子の名前で呼び続けているらしい。

ネパールで出会った可愛いネコちゃんたち|まとめ

ネパールで、思いがけず猫好きに目覚めてしまった。

テレビに可愛いネコちゃんが映るだけで、可愛すぎて悶絶してしまう。

生粋の猫好きさんたちから見れば、にわかと断言できるレベルだけれど。。

でもいつか旅人を卒業したら、ぜひ猫を飼いたい。

名前は、やっぱり「ミミ」かな?

「ジジ」は黒猫のイメージが強いからなー。

男の子だったら、「バロン」にしようかな。

POSTED COMMENT

  1. 土日 より:

    記事と無関係でスミマセン。
    「インド亜大陸編」、読ませていただきました。とても分かりやすい文章で読み始めたら止まらなくなって、一気読みでした。
    若い女性一人、すごい旅をされたなあ、と感動です。
    次に「アフリカ大陸編」楽しみに読みたいと思います。

    • tabi-kurage より:

      土日さま

      コメントを頂きまして、ありがとうございます。

      「インド亜大陸編」、3年程前の旅行記になりますが、なんと辿り着いて頂けたんですね。

      しかも一気読みをして頂いたなんて…!
      恥ずかし嬉しい気持ちです。

      「アフリカ大陸編」もご覧いただけるとの事、ありがとうございます。
      引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)