ー世界はきっと、美しいー
ナミビア -Namibia-

【ナミビア旅行】移動情報、泊まった安宿

ナミビアを、東から南へ縦断。

ボツワナから入国して、南アフリカ共和国へ出国。

移動情報と、泊まった安宿について。

移動情報

バス、ヒッチハイク、シャトルバス移動。

マウン(ボツワナ)→ゴバビス(ナミビア)

-Maun to Gobabis-

マウン(Maun)からバスでハンツィ(Ghanzi)へ行き、そこでバスを乗り換えてチャールズヒル(Charles Hill)へ。

チャールズヒルからタクシーで国境へ向かい、ナミビア側の国境からはヒッチハイクでゴバビス(Gobabis)へ。

マウン→ハンツィ|バス

<バス乗り場>
町の中心にある、マウンバスステーション(Maun Bus Station)

<料金>
73プラ(約730円)

<出発時刻>
午前5:30 ※事前予約不要。

<所要時間>
約3時間

ハンツィ→チャールズヒル|バス

<バス乗り場>
マウンからのバスが到着したのと同じバス乗り場。

<料金>
55プラ(約550円)

<出発時刻>
午前11:00 ※事前予約不要。

<所要時間>
約3時間

チャールズヒル→国境|タクシー

<タクシー乗り場>
チャールズヒルからのバスが到着した場所で、タクシーを拾う。

<料金>
1台あたり300プラ(約300円)

<所要時間>
約5分

国境→ゴバビス|ヒッチハイク

<ヒッチハイク乗り場>
国境で、ヒッチハイクの車を探す。

ヒッチハイクとは言っても、道路で親指を立てて車を停めるわけではない。

有料で乗せてくれる個人の車を探す。

<料金>
3人で乗って1人あたり、80ナミビアドル(約600円)。

<出発時刻>
車が見つかり次第。

※ここで車が見つからず、何時間も待つ人もいる。

<所要時間>
約1時間30分

<関連記事>
【陸路国境越え】バス&ヒッチハイクで、マウンからゴバビスへ!(ボツワナ→ナミビア)

ナミビア入国時には、入国カードに記入した日数分しか滞在許可をもらえない。

もしも過ぎてしまったら、出国時に罰金を科せられるので注意。

ゴバビス→ウィントフック

-Gobabis to Windhoek-

<ヒッチハイク場所>
スーパーマーケットの近くのガソリンスタンド前がいいという情報あり。

私たちは、宿の人に紹介してもらったドライバーに連れていってもらった。

<料金>
3人で乗って、1人あたり1人150ナミビアドル(約1,125円)。

他1名の同乗者(他人)あり。

<出発時刻>
任意

<所要時間>
約3時間

<関連記事>
ナミビアの首都ウィントフックへ!素敵な安宿「レオンパリス」でホームステイ

ウィントフック⇔スワコップムント

-Windhoek to Swakopmund-

ウィントフック-スワコップムント間のバスは、3社。

まず南アフリカで主流のバス会社インターケープ

ちょっと良さげな大型バス。

この区間の運行は週2便。

ホームページやオフィスで予約可能。

◆インターケープ社HP:https://www.intercape.co.za/

毎日運行しているのは、タウンホッパーズウェルウィッチアシャトル

片道280ナミビアドル(約2,100円)。

電話・メールで予約可能

◆タウンホッパーズHP:http://www.welwitschiashuttle.com/

◆ウェルウィッチアシャトルHP:http://namibiashuttle.com/

どちらも小型シャトルバスで、ドアtoドアで送迎をしてくれる。

出発予定時刻までに、乗客を各所で拾いながら集めるシステム。

私たちはタウンホッパーズで予約。

<所要時間>
約4時間

<関連記事>
ウィントフックから、ナミブ砂漠の拠点の町スワコップムントへ|大西洋に出たよ

泊まった安宿

ゴバビス、ウィントフックでは3人部屋、スワコップムントではドミトリーを利用。

ゴバビス |Onze Rust Guest House

  • 3人部屋:1室あたり780ナミビアドル(約5,850円)
  • 室内にトイレ、シャワー室
  • シャワー室とは別にバスタブあり
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり
  • キッチンあり

オーナーの奥さんがロシア人で、儚げで美しい。

部屋も水回りも清潔で、宿の人も親切。

SIMカードを買いに行くのを手伝ってくれたり、ウィントフックへの車を手配してくれたりした。
(ドライバーは、宿の人の兄弟)

バスルームは、シャワー室とは別にバスタブもある。

(奥がシャワー室)

ウィントフック|レオンパリス(Leone Paris)

  • 3人部屋(4ベッドルーム)|1人120ナミビアドル(約900円)
  • トイレ、シャワーは室外
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり
  • キッチンあり
  • 洗濯機あり(無料)

表に「レオンパリス」の表記はないので注意。

「Salon&Barber」と表記あり。

とても快適な「ホームステイ」の様な雰囲気の宿。

リビングも、キッチンも清潔。

住んでいるファミリーも、とてもフレンドリーで親切。

小学生くらいの女の子が、とても可愛い。

郊外にある宿のため、市内へ出るにはタクシー移動が必須。

タクシーの相場は、1台あたり36ナミビアドル(約270円)。

タクシー代を加味しても、市内の他の宿よりも安いので経済的。

周りには何もないので、買い出しは市内で済ませる必要あり。

スワコップムント|スケルトン・ビーチ・バックパッカーズ(Skeleton Beach Backpackers)

  • ドミトリー:171ナミビアドル(約1,282円)
  • トイレ、シャワーは室外
  • ホットシャワーあり
  • Wi-Fiあり
  • キッチンあり
  • 朝食付き

普通に清潔で過ごしやすい。

宿泊客が多く、夕食時はキッチンで誰かしらが調理をしている。

徒歩圏内にスーパーやビーチあり。

 

…以上っ!

▼次回から南アフリカ編▼
【陸路国境越え】ナミビアから南アフリカ共和国へ!インターケープの夜行バスに乗って

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)