ー世界はきっと、美しいー
タンザニア -Tanzania-

アフリカ大陸最高峰|キリマンジャロ登山のツアー会社を探す

【アフリカ大陸縦断記】2020/01/19

モシ(タンザニア)-Moshi-

私が滞在している、タンザニアのモシという町は、キリマンジャロ登山の拠点の町

キリマンジャロは、標高5,895mで、アフリカ大陸最高峰の山

そして、山脈に属さない「独立峰」としては、世界最高峰。

この町に来た目的は、その「キリマンジャロ」に、登るため。

キリマンジャロは「個人での入山」が禁止されていて、必ずツアー会社に申し込んんでパーティーを組んで登らなければならない。

という事で、今日はツアー会社を探して申し込んでみようと思う。

▼前回のお話し▼
【陸路国境越え】ナイロビからモシへ!最も実感のない国境越え(ケニア→タンザニア)

▼キリマンジャロ登山まとめ▼
【キリマンジャロ登山まとめ】ルート、費用、難易度、ツアー会社など

モシの有名なコーヒー屋さん|ユニオン・カフェ(Union Caffe)

その前に、まずは朝食。

ここはコーヒーの産地でもあるので、有名なコーヒー屋さん「ユニオン・カフェ(Union Caffe)」に行ってみる。

マキアートと、朝食セットを注文して20,000シリング(約1,000円)。

リッチな朝食だ。

相変わらず、普段コーヒーを嗜まない私としては、特別に美味しいコーヒーなのかはわからないのだけど。

優雅な朝のひと時を過ごす。

朝食の後は、宿で洗濯機を使わせてもらう。

1キロで10,000シリング(約500円)もするのだけど。

なんかもうね、自分で手洗いで洗濯をするのが面倒くさくて。

量も多いし。

洗うのはいいのだけど、握力のない私としては、「絞る」という工程がすこぶる面倒くさい。

絞り切れないから、干しても中々乾かないし。

あと、この宿は12,000シリング(約600円)と破格なのに、恐らく私以外に宿泊客がいないみたいで。

宿の経営、大丈夫かな?と、勝手ながら心配になってしまって。

少しでも足しになればと。

キリマンジャロから帰ってきたらまた溜まっているであろう洗濯物も、お願いしようかな。

モシでキリマンジャロ登山のツアー会社を探す

ツアーを探すときや、宿を探すとき。

多くの旅人は、数件見て回って、ベストなツアーや宿を選ぶ。

だけど私は、1件目に特に不満がなければ、いつも1件目で即決してしまう。

今回は「キリマンジャロ登頂」にも関わる事だし、金額も高額なので、珍しく「相見積もり」を取る事にしている。

まず、キリマンジャロはルートがいくつかあるのだけど、多くの人が選ぶのは2コースから。

マラングルート:4泊5日(通称:コカ・コーラルート)

このルートは、全て山小屋泊。

4泊5日という短い行程で登るため「高山病」を発症しやすく、登頂率は高くはないらしい。

マチャメルート:5泊6日(通称:ウィスキールート)

このルートは、全てテント泊。

こちらの方が高度順応がしやすく、登頂率が高い。

景色もこちらの方がよく、帰りはムウェカルートという別のルートを通るので、変化も楽しめる。

マチャメルートの方が日数も長くて、テント泊の為にポーター(荷物運びの人)の人数も増えるから、マラングルートに比べれば費用がかかる。

だけど私は極度に「高山病」を心配しているので、マチャメルートに決めている。

マタタツアーズ(Matata Tours)

まず1件目は、マタタツアーズ(Matata Tours)。

中に入ってみると、歓迎される。

マチャメルートの金額を聞いてみると、「予算はいくら?」と逆に聞かれてしまう。

う~ん。

「私1人?それとも、どこかのチームに混ざるの?」と聞いてみる。

すると、明後日からカップル×2組の4人組が出発予定で、彼らに聞いてみてOKであれば参加できるとの事。

その彼らはいくら払っているのかと聞いたら、$1,330との事。

私一人の場合はいくらになるか聞くと、$1,430との事。

+$100ならば、私は1人で登りたい。

特にカップルと一緒だなんて…寂しすぎる。

私は、チップ込みで$1,500以内が理想。

むしろツアー料金はなるべく抑えて、チップを多めに払いたい。

交渉の結果、下記の通りになった。

  • 合計:$1,280
  • 1人参加。他に誰も合流させない。
  • 入場料、キャンプサイト利用料、保険、交通費、食費、登山用品のレンタル料など、全て込み。
  • ガイド1人、コック1人、ポーター5人(※当日、実際はポーターが4人だった)
  • チップ、行動食のみ別。
  • チップの相場は、7人分合計で$200~$250。

マタタツアーズにあった情報ノートを見ると、$1,100までは下がりそう。

だけど私は1人参加だし、これで十分。

それに、この$1,280の内の$830は、何と政府に収める金額なのだ。

旅行会社の取り分は、わずか$450。

全然足りない気がするんだけどな…。

オーナーの対応も丁寧だし、もうここに決めてしまいたい。

だけど、今回は相見積もりをすると決めているのだ。

少し考えさせてもらう事にして、マタタツアーズを出る。

Summit 2 sand safaris

次に向かったのは、Summit 2 sand safaris

ここは、オーナーのデイビットが信頼できると評判の会社。

オーナー自ら、ガイドをしてくれるんだって。

地図アプリを頼りに行くも、会社がみあたらない。

登山用品店の人が声を掛けてくれたので聞いてみると、「ここだよ!」と登山用品店の中に案内される。

え??本当にここ??

デイビットは友達なんだ!と、電話をしてくれる。

そして現れたのは、Summit 2 sand safarisのガイドだという男。

デイビットから頼まれて来たと。

彼の言い値は、$1,450。

料金交渉はしていないから、どこまで下がるかはわからない。

Summit 2 sand safarisにお願いする事はないなと思ったから。

まず、ここがオフィスではない以上、この男が本当にSummit 2 sand safarisのガイドなのかの確証がないという事。

そして、当日同行するのは、デイビットではなくて、この男だという事。

この会社の売りは、デイビットなのだ。

それに、私は彼とは相性が悪そう。

強めの口調で、一方的に説明をしてくる。

チップについて、何故か熱弁をしてくるし。

彼の提案したチップの相場も、トータルで言うとマタタツアーズより高い$360で。

(マタタツアーズよりポーターの人数1人少ないのに!)

そして、チップは合算ではなく、それぞれに個別に払って欲しいと。

内訳(1日あたり)

  • ポーター:$8~10
  • コック:$10~12
  • ガイド:$18~20

ポーターとコックの金額は相場通りなのに、自分(ガイド)の金額だけ、相場より多めに提示してくる。

自分だけ多めに貰おうなんて…卑しい男だ。

という事で、この会社は却下。

マタタツアーズに決定!

先ほどの、マタタツアーズに戻る。

申込の意思表示をする前に、オーナーにリクエストをする。

「私は、強い口調の人が苦手です。穏やかな人に同行してもらう事は可能ですか?」と。

すると、「ガイドのアントニーはとてもいい人だから安心して!」と。

もう、ガイドが決まっているのか。

アントニーがいい人だと、信じてみよう。

アントニーには、ツアー前日の明日に会えるらしい。

ここで、ツアー会社の取り分$450を現金で支払い。

残りの政府に収める分の$830は、明日クレジットカードで支払い予定。

ツアー代金もクレジットカードで払えるか聞いたところ、不可だった。

このお金で、色々と買い物をしなければいけないからって。

そっか、必要なものを買って、余ったお金が会社の利益とスタッフの給料になるんだ。

そう考えると、益々$450が少なく感じるよ。。。

わたし専属のスタッフが、7人も同行してくれるのにさ。

実際は、当日同行してくれたスタッフは6人だった。

チップ目当てに当日に人数が増えるというトラブルは良くある事みたいだけど、当日に人数が減っていたという珍しいパターン。

一旦解散して、16:30にまたオフィスを訪れる。

そして、登山用品を借りにショップへ行く。

同行してくれた2人のスタッフは、穏やかでいい人だった。

これなら、安心かな??

その前に、薬局に寄る。

キャンプサイトでは川の水を煮沸して使うと言われて不安になったので、浄化用のタブレットを買う事にしたのだ。

ダブレットを、10,000シリング(約500円)で購入。

これで、お腹が痛くなりませんように。

レンタル用品店では、言われるがままに色々と試着。

思っていたよりも、たくさんのアイテムを借りる事になった。

持っているものもあるし、その様に申し出たのだけど。

まぁ、使わなければそれはそれでいいか。
フリーだし。

さて、出発は明後日。

スケジュール的には、明日行ってもいいのだけど。

だけど昨日タンザニアに着いたばかりで、もう明日行ってしまうのは、心の準備が追いつかない。

明日はゆっくり荷造りと買い物を済ませて、明後日に備えよう。

翌日は、ガイドとの面会(実際はアントニーではなくペトロというガイド)と、ツアー代金の残金の支払い、行動食の購入くらいしかしていないので、日記はナシ。

次回は、キリマンジャロ登山1日目の記事。

 

▼次回のお話し▼
【キリマンジャロ登山1日目|マチャメルート】アフリカ大陸最高峰を目指して、いざ出発

▼キリマンジャロ登山まとめ▼
【キリマンジャロ登山まとめ】ルート、費用、難易度、ツアー会社など

POSTED COMMENT

  1. 中台かおる より:

    あれれ?
    最近更新してないので気になってコメントしちゃいました
    ひそかにこのブログのファンなのです
    旅しながらのブログって時間とられるし大変だよね~。
    最新情報待ってます~。

    • tabi-kurage より:

      中台かおるさま

      コメント頂きましてありがとうございます!
      ファンだなんて…恐れ多いです。。

      明日からまたボチボチ更新していこうと思いますので、お時間ありましたらご覧いただけると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)