ー世界はきっと、美しいー
エチオピア -Ethiopia-

度重なるエチオトラベル&ツアーズでのトラブル|エチオピアに呼ばれていない私

【アフリカ大陸縦断記】2020/01/06

メケレ(エチオピア)-Mekele-

朝になっても、停電は続いていた。

窓のない部屋の室内は、何時になっても真っ暗で。

ヘッドライトの小さな光だけを頼りに、身支度を整える。

ドライヤーを使えないままに寝た私の髪は、とんでもなく乱れていた。

水で濡らして、なんとか整える。

それでも、気分は全く上がらないけれど。

▼前回のお話し▼
アディスアベバからメケレまで15時間の大移動|しっかりしてよETT…!

メケレの朝食

真っ暗な部屋にいても仕方がないので、外へ散歩に出る。

良さげなカフェを見つけたので、ここで朝食にしよう。

店員も親切だし、つかの間の優雅な時間を過ごす。

エチオトラベル&ツアーズでのトラブル

9:30に迎えが来るという事だったのだけど、まだまだ時間がある。

真っ暗な部屋ではくつろげないし、ロビーでくつろぎたいと思えるほど気に入った宿ではない。

エチオトラベル&ツアーズ(通称:ETT)のオフィスに、行ってみようか。

オフィスで伝えたい事は2つ。

1つは、ホテルで迎えは待たずに、直接自分でここのオフィスに来たいという事。

だってドライバーが迎えに来るなんて、もはや信用できない。

もう1つは、帰りのアディスアベバ行きのバスチケットは、ツアー終了日に、直接オフィスで受け取りたいという事。

これも、後日どこかのタイミングでドライバーから受け取る予定なのだけど、それも疑わしいから。

ETTのオフィスで、まず「今日のツアーに申し込んでいる者です」と申し出る。

すると、どうやら私の予約は入っていないという事だった。

なるほど。

そりゃあ、誰も迎えになんて来るはずがないよね。

「誰に予約したのか」と聞かれるも、名前なんて知らない。

受け取ったバウチャーを見せる。

アディスアベバのオフィスに電話で確認をしてもらい、私が既に予約済みであるという事実確認が取れた。

とりあえず、ツアーには参加できるみたい。

信用せずに、自分で来てみてよかったよ。

ドレッドヘアーのファンキーな男が、宿まで送ってくれる。

荷物を持って、オフィスに戻るのだ。

ツアー中に不要な荷物は、オフィスで預かってもらえる。

部屋で荷物をまとめていると、なんと電気が復活した。

なんというタイミングだろうか。

出発予定時刻までは時間があるから、ヘアーアイロンをかけて、スマートフォンの充電もしたい。

だけど、ドレッドヘアーの男が、私を待っているのだ。

まだ時間はあるのに…自分のタイミングの悪さを呪う。

大嫌いなエチオピアで、唯一楽しむことになるだろうツアーの前日には停電が起きて。

そのお陰で、全くテンションの上がらないボサボサヘアーで参加する事になって。

宿、バス乗り場、ETTオフィスなどの全ての移動に送迎が付いてるはずが、ドライバーはそのどれにも現れなくて。

挙句の果てには、私の予約など、そもそも入っていなかったのだ。

なんという不運続きだろうか。

運的なものも含めて、私はエチオピアとはすこぶる相性が悪いらしい。

一応フォローをしておくと、このETTは日本人旅行者からの評判がいい会社で。

ほとんどの日本人は、この会社を利用している。

つまり、こんなトラブルが起こる可能性の方が、恐らく低いのだ。

エチオピアに呼ばれていない私

「インドに呼ばれる」という言葉がある。

インドに呼ばれていないのにインドに行ってしまうと、何故かトラブル続きで全く楽しめないのだとか。

私は、幸いインドには呼ばれていたようで、インドが大好きになったのだけど。

それでいうと、私はこのエチオピアという国には、全く呼ばれていなかったみたいだ。

入国以来、毎日毎日、嫌な事ばかり起こる。

これは、呼ばれていないのに来てしまった、私の落ち度だ。

▼次回のお話し▼
【ダナキルツアー1日目】エルタ・アレ火山、現在の活動状況はいかに…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)