ー世界はきっと、美しいー
旅の準備

【長期海外旅行】出発日前夜までの気持ち|トリップブルーを患う(再)

トリップブルー

長期で旅に出る旅人が、しばしば患う病気。

前回のインド・ネパール旅行の時も、出発前夜に患ってしまった。

女ひとりインド亜大陸周遊記、はじまりの日 ~トリップブルーを患う~

今回も、例のごとく患ってしまった。

慣れているはずだから軽く済む…のではなく、それはもう、慢性的に。

そう、あれはインドから帰国した頃。

次は世界旅行だ!と、常に思いながら生活をして、そして常にトリップブルーだった。

行きたくない。行きたくない。行きたくない。

そんなに嫌なら、行かなければいいんじゃないの?と思われるかもしれないけれど、それは違う。

行きたくないのに、行かなければならない。
行かないという選択はしないのに、行きたくない。

なんだろうなー、マリッジブルーもこんな感じなのかな。

幸せなはずなのに、今までの生活が変わるのが怖すぎて、尻込みしてしまう…という感じか。

トリップブルーが次に悪化したのが、9月の中旬。

上司と面談をしていた時の事。

わたし:かくかくしかじかで、11月9日の入校日までにフィリピンに行きたいんです。それを逃すと、次は11/23になってしまうんです…!(涙)

上司:3月くらいと思ってたから…ずいぶん早まったな~。

わたし:すみません。かくかくしかじかで。

上司:まぁ、ずっと行きたいって言ってたからな。

わたし:(キラキラとした眼差しをむける)

上司:よし、わかった!行ってこい!!!

わたし:(急に動揺)え??いいんですか??

上司:なんや、行きたいんやないんかい!笑

実際は、もちろんもっと長い会話をしていたのだけど。

行ってこい!と力強く言われた途端、あぁ私は本当に行くんだなと、現実的になった。

頭の中の構想が、外に出て動き出した瞬間。

そして昨日。

出発3日前に最終出社を終え、2日間で怒涛の準備ラストスパートをかけた2日目。

今日で日本での暮らしも最後か、と思ったら、凄く怖くなった。

やっぱり、旅の始まりがアフリカっていうのは刺激が強すぎだよね…東南アジアとかから始めればよかったかな。

その前にフィリピンに行くけど、うまく集団生活ができるか不安。

ルームメイトはどんな人かな。
一緒に住む先生は、優しい人かな。

いっその事、留学はせずにいきなり旅の方がよかったかも。

旅の方が自由で、自分のペースで好きに過ごせるから。

異国での集団生活…人見知りの私には怖すぎる。

行きたくないよ。

このまま日本で、普通に結婚して子育てがしたい。

だけど行こう。

だって、トリップブルーは飛行機に乗れば治るという事を、前回経験しているから。

凄く苦しいけど…まるでコンサートの前日かのように。

飛行機に乗るまでの辛抱。

飛行機に乗ってしまえば、そこからは進むしかない。

そして、今後の自分の人生の糧となる、素晴らしい経験がたくさんできるはずなんだ。

とりあえず…行ってきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)