ー世界はきっと、美しいー
スーダン -Sudan-

【スーダン旅行の注意点&コツ】アメリカ入国制限・両替事情・外国人登録と宿泊登録

全世界のほとんどを網羅している「地球の歩き方」も刊行されていない、マイナー国家スーダン

エジプトから南アフリカ共和国を目指す「アフリカ大陸縦断旅」でも、スーダンは飛ばす人が多い。

見どころがない…という理由もあるけれど、色々と制限があったりとメンドクサイという理由もある。

そんな、少し特殊なスーダン旅行の注意点について。

アメリカへの入国制限

通常、日本人が観光目的でアメリカに渡航する場合は「ビザ」は不要

ESTA(エスタ)と呼ばれる電子システムに登録すれば、簡単に入国できる。

だけど、スーダンはアメリカからテロ支援国家と見なされている国の1つ。

スーダンへの入国履歴があると、アメリカ入国の際にビザが必要になってしまう。

アメリカビザ取得の際には「面接」が必要で、$160の申請料も必要。

しかも、ビザが取得できなかった場合でも、申請料の返金はナシ

なんだか、面倒くさそう…。

■詳細は、アメリカ大使館のHPにて
https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/

という事で、アメリカへの入国に障害をきたしたくない!という旅人は、スーダンを避ける場合が多い。

ちなみに、現在指定されているテロ支援国家は7ヵ国。(2020年現在)

  • イラン
  • イラク
  • スーダン
  • シリア
  • ソマリア
  • リベリア
  • イエメン

スーダンの両替事情|クレジットカード使用制限

アメリカからテロ支援国家に指定されているスーダン。

スーダンでビザカードやマスターカードを使用すると、カードが止められてしまうのだという。

だから、スーダンではクレジットカードを使ったキャッシングができない。

…という事で、隣国でスーダン滞在分の現金を用意しておき、スーダン入国後に両替をするのが無難。

私は、エジプトのATMでエジプトポンドを6,000ポンド(約42,000円)分引き出した。

また、その現金を国境の町ワジ・ハルファや、首都のハルツームで闇両替を利用すると、公式レートよりお得に両替できる

スーダンの国境の町ワジ・ハルファで、1エジプトポンドを5.3スーダンポンドで両替。

(つまり、1スーダンポンド≒1.3円)

公式レートは、1スーダンポンド≒2.4円

【陸路国境越え】エジプトからスーダンへ!いよいよ、本格的なアフリカ旅が始まる

余ったスーダンポンドは、次の国エチオピアで両替すれば、少~しだけお得になる。

外国人登録と宿泊登録

スーダンでは、入国後に必要な手続きが2つあると言われていた。(←過去形)

1つ目は、入国後3日以内に外国人登録(旅行許可証)の手続きをする事。

これは、国境の町ワジ・ハルファか、首都のハルツームでできるという。

2つ目は、宿泊登録をする事。

これは、滞在する全ての町の警察で、その都度やらなければならないという。

これをしないと、宿に行っても泊めてもらえないのだとか。

…という事だったけれど、現在は入国後に自分で手続きをする必要はないみたい。

下記の通り、変更になっている。(2020年1月現在)

  • 外国人登録(旅行許可証)は、国境で手続き!
  • 宿泊登録は不要!

外国登録の際には写真が必要なので、国境を越える際には写真を忘れずに持参すべし。

あくまでも、私がエジプト ‐ スーダン国境を越えた時の話です。

国境によって異なるかもしれないという事を、ご留意ください。

※宿泊登録はしなくても、出国時には問題なしでした。

スーダン旅行の注意点とコツ|まとめ

アメリカから制裁を受けているスーダン。

地球の歩き方もないし、情報が少ない国。

観光資源はほぼない国だけれど、人々がホスピタリティに溢れていて、とても過ごしやすい国なので、ぜひ訪れて欲しいな。

ちなみに、23年前のガイドブック「旅行人ノート」に、地球の歩き方には載っていないマイナー国の情報があるので、参考になるかも。

スーダンのページも3ページだけある。

もちろん、移動情報や物価といった情報はほぼ当てにならないと思う。

だけど、どんな観光地があるのかとか、ほぼ普遍の情報に関しては、参考にできる。

特に西アフリカなど…「いったい何があるのかわからない!」という地域のページを見るのは面白い。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)