ー世界はきっと、美しいー
インド (短期) -India-

インドビザを郵送サービスで申請 ~入国前から手強いインド~

インドへの旅行が決まったら、まずはビザの取得。

日本のパスポートは万能で、日本人が旅行先に選ぶ国のほとんどはビザが免除されていたり、アライバルビザの取得が可能。

アライバルビザ
事前に日本での取得が不要で、現地の空港や国境で取得するビザ

そんな中、インドへの旅行にはビザの事前取得が必要。

そこで選ぶ方法が主に以下の3通り。

インドビザ取得方法
  1. 代行を頼む
  2. 自分でインド大使館に赴き取得
  3. 郵送サービスで取得

 

【2019年05月現在】
60日以内の滞在であれば、アライバルビザの取得ができるみたいです。
詳しい条件は、大使館のHPでご確認ください。
日本人向け到着時ビザプログラム

代行を頼む

一番簡単な方法。
数千円の手数料で代わりに取得してもらえる。

旅行会社に頼んでやってもらえる場合もあるし、
インターネットで検索すれば安い代行屋さんが沢山ヒットする。

私の同行者は代行で取得した。
日本語で質問に答えて、簡単に取得できたらしい。
失敗する心配もないので、時間のない人にお勧め。

インド大使館で取得

現地で会った日本人は、インド大使館で取得していた。

インド大使館が開いている時間内で書類を作成して申請するので、時間との戦いだったようだ。

申請する際と、受け取る際の2度大使館を訪れる必要がある。

別の機会に大阪領事館で取得したので、ご参考までに。
インド旅行はビザを取るところから始まるとか|大阪領事館と陸路入国

郵送サービスで取得

今回私が選択した方法。

まずはWEBでオンライン申請をし、
2枚の申請書を印刷して現金書留でパスポート、返信用封筒、申請料と同封して郵送

問題がなければ、1週間を目安にビザが張られたパスポートが郵送で返却される。

「これが一番ローコストじゃん♪」
…と安易に選択した。

まず、オンライン申請は4ページにも渡る英語の質問項目に答えなければならない。

自分の名前、生年月日やパスポート情報だけでよさそうなものだけど、両親の出生地や、仕事情報まで記入させられる。

「両親はパキスタン人ですか?」
とか、関係ないよね…?
仮にパキスタン人だったら入国不可なのかしら。

両親の出生地は知らないから適当に書き、自分の宗教は念の為「仏教」にした。
でも宗教は無宗教でも問題なかったみたい。

現地滞在先の住所も聞かれるけど、これも適当でいいみたい。
現存するホテルの住所を調べて入力。多分泊まらないホテルだけど。

何度も見直して、「これで完璧だっ♪」と郵送。

ところが、3日後に返送されて戻ってきた。

なぜ??

どうやら、「役職」の項目を「なし」で入力したのが駄目だったみたい。
でも役職なんてないし…。

「office work」でも「nurse」でも何でもいいから書いてください。
…とご丁寧にメモが添えられていた。

「それは役職ではなくない!?」
…と納得はいかないながらも、しぶしぶ訂正。

最初からやり直しでまた4ページ分入力。

そしてまた郵便局で現金書留で郵送。

ここまで来て、自分で郵送申請する事はあまりローコストではない事に気が付く。

現金書留の郵送料が現時点で2回分かかってるし、
何故か再申請の手数料も請求されるし。

間違えれば間違える程、お金がかかる。
これなら安い代行頼む方が早いし安かったな~。

だけど、せっかくなら自分の力で取得したい!
たとえお金がかかっても。

という事で2度目の申請が終わり、ドキドキしながら結果を待つこと3日。

また返送されてきた。

またですかっっ!!

申請が通るまでは1週間くらいかかるみたいだし、
こんなに早いという事はまた「不可」だったのかな。

流石にテンションが下がる。
インドに行くなというお告げなのか。

重たい気持ちで封筒を開けると、そこには一冊のパスポートが。
他の色々は一緒に返送されてない。

恐る恐る中を開く。

こ、これは。

ビザのシールが貼られてるー!!

やったね♪

…という事で、郵送申請でも3日で完了する場合もあるみたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です