ー世界はきっと、美しいー
フィリピン留学 -Philippines-

【感想】1ヵ月間のフィリピン留学を終えて

11/10から始まった私の1ヵ月間のフィリピン留学は、きちんと予定通りに終了した。

フィリピン留学の1ヵ月間は、インド留学の1ヵ月間とはまるで違った。
そして想像していたそれとも、まるで違った。

 

1週目、私は留学生活に早くも飽きを感じていた。

もう、1週間で終わりでいいんじゃないのかな。

だってインド留学の1週間目は、かなり自分と向き合って葛藤する1週間だったのに。

ここでは、なんの葛藤も興奮もなく。
ただただ、穏やかな日々が過ぎていった。

多分、英語力0から始めたインド留学の時よりも、向上心や焦りなどが少なかったんだと思う。

クラスメートも、もちろんテスト結果で決まっているのだから、私と同レベルの人たちばかりで。

先生の英語も聞き取り易くて、そして日本人訛に慣れているから会話がスムーズで。

ルームメイトもいい人で、英語レベルは私より少し低いけれども社交的で。

ルームティーチャーもいい人で。

自分のレベルの低さに対する葛藤もなく、そして人間関係に悩むこともなく。

ただただ、穏やかな日々だった。

 

2週目は、そんな現状を変えようとジムに通い始めた。

なぜジムだったのか…自分でもよくわからないのだけど。

無心で走っていると、色々な事を考える。
そして何故か、2週目からは色々な葛藤に出会う事になった。

 

2週目が終わり、ルームメートのエスターが学校を去っていった。

たった2週間の仲だったのに、彼女と別れのハグをしながら号泣をしてしまった。

彼女がいたからこそ、私の留学生活はスムーズにスタートしたのだ。

そして、私のこの「出会っては別れる」の繰り返しの人生そのものに、嫌気がさしてしまった。

いろいろな経験を積むことに意味がある

そう、自分に言い聞かせて生きてきたのだけど。

せっかく出会って、そしてせっかく好きになれそうだったのに。

珍しく人を好きになることがあっても、どうせ別れなければならないのだ。

そんな人生の繰り返しに、嫌気がさしてしまった。

こんなんじゃあ、バックパッカー失格だよね。

 

3週目に、卒業ミーティングがあった。

あ、私もう卒業なんだ。

そう思ったら、なんだかとても寂しくなった。

クラスメートとも、いい感じになってきたのにな。
せっかく、友だちになれそうだったのに。

もうお別れなんだ。

1時間1時間の授業を、かみしめて受けた。

 

4週目、木曜日に最後の授業があって、金曜日にテストがあった。

クラスメートたちと、写真を撮る。

先生が、餞別のキーホルダーをくれた。

スピーキングの授業は、私の1番お気に入りの時間。

毎日、1日2時間もお話をしているんだから、仲良くならないはずがない。

 

土曜日の朝、私が唯一「友だち」と呼べるレベルまで親しくなれたクラスメートが、見送りをしてくれた。

あっさり終わると思っていた留学生活。

もう、あの校舎に戻る事もないのかと思ったら、涙がとめどなくなくあふれてしまった。

クラスメートと毎日会話をして、ジムで走りながら考え事をして、廊下を歩けば誰かしらが挨拶をしてくれて。

そんな平凡だけど、穏やかな日々が終わった。

 

ヒマラヤの時とも、インド留学の時とも違う悲しみ。

なんだろう…ひとり旅を「寂しい」と思ってしまった。

ひとりは寂しい。

そもそも、旅がメインだったはずで。
その前座としての、フィリピン留学だったはずで。

なのに、急に一人放り出されてしまった気分で、とても旅人に戻れそうもない。

だけど、だからと言って留学を延長してここに残りたいとか、旅は辞めにして日本に帰りたいとか、そういうんじゃない。

私は予定通り、クウェート経由のフライトでエジプトへ向かう。

 

クラスメートに言われた。

アフリカに行ったら、またそこで新しい出会いがあるよって。

そうだよね。

とりあえず嫌々でも飛行機に乗ってしまえば、またそこから新たな冒険が始まるんだ。

それまで、少しの時間だけの辛抱。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です