ー世界はきっと、美しいー
フィリピン留学 -Philippines-

【フィリピン留学(バギオ)】MONOLの生活はこんな感じ

MONOLでの生活について、簡単に。

部屋タイプ、食事、授業、オプショナル…実際に体験してみての見解。

迷っている人の参考に、少しはなるかな??

▼まずは行先から検討!無料カウンセリングでプロの意見を聞くだけでもOK

格安留学サービス「スマ留」

MONOLの部屋タイプについて

私が滞在していたのは、3+1人部屋という、先生と同居できる部屋。

これがどうだったかというと…めちゃくちゃ良かった!凄くオススメ!

…という程ではなかったかな。

でも、生活面で言えば、先生と同居だととてもではある。

私の部屋は11時が消灯時間と決まっていたから、「周りと生活リズムが合わなくて辛い」という事もなく。

ルームメイトとの会話がぐちゃぐちゃになったときは、先生がまとめてくれるし。

ルーム掃除の依頼も、先生がやってくれるし。

英語力向上に、凄く貢献されていたかというと…ちょっとよくわからない。

たぶん、少しは貢献されたと思うけど。

あとは、フィリピン人と同居する事によって、フィリピンの事について色々教えてもらう機会があったのが良かった。

この部屋を活かすも活かさないも、生徒次第だと思う。

凄く社交的で、先生とコミュニケーションを頻繁に取れるタイプの人だったら、合ってるかも。

ちなみに、私の知り合いが「夜のディスカッション」の時間が嫌すぎて、3週間で普通の4人部屋に移動していった。

ルームメイト2人がガンガン喋るタイプで、彼は発言する余裕があまりなかったんだって。

意味のない時間だから…って、部屋を出ていった。

一方、6人部屋を選んだ知り合いは、ルームメイトとの生活リズムが合わなくて少しイライラしていた。

3+1人部屋に移ろうかなって、何度か相談もされた。

その部屋は、MAXの6人の生徒がいたみたい(女部屋)。

6人部屋を選んだ別の知り合いは、部屋に3人しかいなかったみたい(男部屋)。

女性の方が人数が多いから、定員一杯になる事が多いのかな?

時期にもよるだろうけど。

というかこれはね、正直ルームメイト次第だと思うから、気になる部屋で申し込んでみて、嫌だったら後から移ればいいと思う。

4人部屋に移っていった彼なんて、自分の友だちの部屋を指定して移っていったから満足そうだったよ。

後から変えると、そんな事もできる。

MONOLの食事について

MONOLの食事は、ビュッフェ形式

これは、私の友人は凄く褒めていた。

「MONOLの食事美味しすぎ!」って。

たまに一緒にご飯を食べたけど、いつも凄く美味しそうに食べていた。

一方で、MONOLの食事が口に合わなくて、毎回外食をする生徒もいるんだとか。

だからこればっかりは、人それぞれなんだろうな。

というか、元々の期待値によるのかも。

でも他の学校では、ビュッフェ形式ではなくて、一人一人決まった量だけ配られる形式だったりするんだとか。

だから、好きなおかずを好きなだけ取れるMONOLの食事は、恵まれているのかも。

MONOLのグループ授業とマンツーマン授業

MONOLのESLコースは、グループ4時間+マンツーマン3時間と、マンツーマン5時間が同料金。

私的には、まず5時間って意外に短くて物足りないと思う。

7時間が丁度良かった。

あと、安くマンツーマンで教われるのがフィリピン留学のメリットではあるんだけど、私はグループ授業の方が好きだった。

クラスメートに恵まれたというのも、大きな要因かもしれないけど。

先生と2人きりの教室もいいけど、クラスメートも含めてみんなで会話する方が面白かったかな。

私が知らなかった表現や単語を、クラスメートの発言から学ぶという事も多かったし。

だから私的には、グループ4時間+マンツーマン3時間がオススメ!

ちなみに私はプロナンスエーション(発音)の授業をグループからマンツーマンに変更していて、それも正解だったかなと思っている。

だって私が正しく言えるまで、何度も何度も言わされるんだもん。

辛すぎて、次のスピーキングの授業中に泣いてしまった事もあるくらい。

だけど、そこまで徹底的にレッスンしてもらえて、良かったと思う。

MONOLのオプショナルクラス

オプショナルは、朝の30分のクラスと、夜の文法クラスやビジネスクラス、そしてフィットネス系のクラスがある。

文法クラスは、私のクラスメートの一人は「凄くいい!」と継続的に受けていた。

また別のクラスメートは、「自習の時間が足りない」と、1週間でキャンセルしていた。

私は結局受けなかったから、何とも言えないけど。

私が受けていたのは、夜のヨガクラス

今まで運動不足だったから、ヨガでトレーニングできてよかった。

ヨガで運動の習慣が付いたから、ヨガがない日はジムに行くという生活リズムも作れた。

私の知り合い(男性)がピラティスを受けたのだけど、これはかなりキツイみたい。

「1時間、ひたすら筋トレしただけだった。」と言って、一週間で辞めていた。

そんな大げさな~笑

と思って見学しに行ってみたら、本当にきつそうだった。

ダンベル(?)を使って、ひたすら筋トレ。

かなり意識高くないと、続かなそう。

私のルームメイトは、ボクシングを受けていた。

彼女はとても楽しんでいたから、女性でも無理なく参加できるみたい。

オプショナルは、1週間単位で参加したりキャンセルしたりできる。

 

MONOLでの生活は、そんな感じ。

▼まずは行先から検討!無料カウンセリングでプロの意見を聞くだけでもOK

格安留学サービス「スマ留」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)