ー世界はきっと、美しいー
ザンビア -Zambia-

【まとめ】7日間のザンビア旅|費用・ルート・ダイジェスト

アフリカ大陸縦断旅6ヵ国目、ザンビア。

北アフリカ、東アフリカと旅をして、ここからは南部アフリカ。

今までのアフリカとは違う…近代的な街並みがチラホラ。

それでも「アフリカらしさ」も残る、中性的な場所。

ザンビア縦断ルート

【タンザニア】ドドマ → トゥンドゥーマ(国境の町)

【ザンビア】ナコンデ(国境の町) → ルサカ → リビングストン

【ボツワナ】カズングーラ(国境の町)

ザンビア縦断旅|ダイジェスト

タンザニアの首都ドドマからバスで移動して、ボツワナの国境の町カズングーラへ抜けるまでの旅行記。

タンザニアからザンビアへ

タンザニアの首都ドドマから、ザンビアの首都ルサカまで、2日間にも及ぶ大移動。

タンザニア-ザンビア間の国境の町ナコンデでは、翌朝4時発のバス車内で車中泊。

長い移動だった…。

【陸路国境越え】タンザニアからザンビアへ!いよいよ南部アフリカ篇が始まる

ザンビアの国境の町ナコンデから、首都ルサカへ!16時間のバス移動

ルサカ -Lusaka-

ザンビアの首都ルサカ。

街並みはとても綺麗で、大きなショッピングモールもある。

今までのアフリカ諸国とは違う、洗練された街並み。

だけどローカル感の強いエリアも残っていて、西洋とアフリカが入り混じる不思議な国。

ザンビアの国境の町ナコンデから、首都ルサカへ!16時間のバス移動

リビングストン -Livingstone-

ビクトリアの滝の拠点の町、リビングストン。

ビクトリアの滝のゲートからは、隣国ジンバブエへ徒歩で行けるほどの距離間。

ここで珍しく(…というか初めて?)旅仲間ができた。

皆でビクトリアの滝へ観光へ出かけたり、夜は人生初のシェア飯(シェアめし)にも参加。

宿泊は、世界一(アフリカ大陸一?)快適な安宿のフォルティータワーズ。

ザンビアの首都ルサカから、ビクトリアの滝の拠点の町リビングストンへ

【世界遺産】世界三大瀑布!ザンビア側から、ビクトリアの滝を見に行こう

ザンビアから南アフリカ共和国までのルートを考える&初めて、旅仲間ができた話

ザンビア縦断にかかった費用

6日分合計:15,353円

※別途、国境でのビザ代:$50

1クワチャ≒7.5円で計算

  • 食費:1,725円
  • 宿泊費:6,157円
  • 交通費(長距離):4,312円
  • 交通費(短距離):562円
  • 観光費:2100円
  • 雑費:142円
  • 嗜好品:82円
  • 飲み物:270円

(※端数は切り捨て)

食費

合計:1,725円

カフェでの朝食セットが562円。

ルサカでのファーストフードが337円。

ローカルフードが225円。

まだ、そこまで物価は上昇していない。

リビングストンではシェア飯(2食で30円)だったので、かなり節約になった。

宿泊費

合計:6,157円

ルサカバックパッカーズが145クワチャ(約1087円)

リビングストンのフォルティータワーズが12ドル(約1327円)

これでも安宿なので、宿代は今までの国と比べて上がってきている。

交通費(長距離)

合計:4,312円

国境の町ナコンデからルサカへ:345クワチャ(約2587円)

ルサカからリビングストンへ:230クワチャ(約1725円)

交通費(短距離)

合計:562円

ルサカのバス乗り場から宿までのタクシー代が片道40クワチャ(約300円)

リビングストンで、ビクトリアの滝からの帰りのタクシーが4人でシェアして1人30クワチャ(約225円)

ボツワナへ入国するさいの船代が5クワチャ(約37円)

観光費

合計:2100円

ビクトリアの滝の入場料。

他にも各種アクティビティがあって、例えばバンジージャンプなんかは2万円ほど。

雑費

142円

トイレットペーパー備え付けのトイレが増えて来たので、トイレットペーパー代がかからなくなった。

嗜好品

合計:82円

おやつ代

飲み物

合計:270円

水、ジュース代など。

…以上っ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)