ー世界はきっと、美しいー
パラオ -Palau-

パラオでドライブ!ガラスマオの滝だって個人で行けちゃう|バベルダオブ島一周

2014/3/18

ちょっと天気が悪い中、1日レンタカーでドライブ。
パラオは日本の免許証で車が借りられる。国際免許証不要☆)

ホテルのあるコロール島を出て、バベルダオブ島を時計回りに一周して戻る予定。

*コロール島・・・パラオのメイン島。ホテルやレストラン、お土産ショップなどが集まっている。

*バベルダオブ島・・・パラオの北に位置する、パラオ最大の島。首都「マルキョク」が存在する。海が中心のパラオで、「陸」の遊びが楽しめる島。

海の遊びはツアー参加が必須だけど、
レンタカーを借りれば「ガラスマオの滝」も個人で行ける!

行ったところ
  1. 謎の遺跡ケズ
  2. 伝統建築物バイ
  3. 透ける滝ガラスマオの滝
  4. 謎の遺跡ストーンモノリス

 

コロール島(スタート!)

まずはコロール島のメインストリート。

これでメイン!

かなりの田舎具合。

「海外では買い物!」という趣向の人には退屈かも。
私はこの素朴感が好き!

お土産屋などもあるので、歩いて巡るのも楽しい。

謎の遺跡「ケズ」と伝統建築物「バイ」 

橋を渡ってバベルダオブ島へ。
(この橋は日本の援助で建立されたのだとか)

バベルダオブ島は、メインの道路がぐるりと一周通っているので、
道沿いに行けば迷う心配もなし。

簡単!

この道がメイン。

横道にそれると実感するけど、これで広くてしっかり舗装されているいい道路。

横道にそれると、、、

こんな感じ。

道がガタガタで、車もボロなので壊れるかと思った!
(四駆を借りればよかった。。。)

でも楽しい!

バベルダオブ島の西にある謎の遺跡「ケズ」を目指して進む。
途中で「バイ」という伝統建築物とすれ違ったけど、とりあえず素通り。

分かれ道が沢山あって迷いながらも到着。

謎の遺跡「ケズ」

対象物が無いから分かり難いけど、かなりの大きさ。

誰が何のために作ったのかは謎。

これが仏教的な意味を持つという仮説もある様で、
そうすると、従来の仏教伝来ルートが覆るのだとか。

当時のパラオの人口では足りないはず、、、
どこからか人々が渡ってきて、作成途中で去って行ったのか。。。

謎の多い遺跡。
この辺り一帯には、この「ケズ」が点在しているのが見える。

伝統建築物「バイ」

来た道を戻ると、先ほどの「バイ」と再会。
これは、パラオの伝統的な建物で、村の偉い人たちが会議をしていた場所。
今でいう役場の様な所。

こんなところで、ひっそりと。

今でこそパラオという一つの国だけど、
昔は村ごとに分かれていて、争いもあったのだとか。

天井は高いけど、梁(?)があるので屈まないとぶつかる。

パラオの歴史なのか神話なのかが、たくさん描かれている。

トイレに行きたくなったら、この穴からすませるんだって。


(臭くならないのかな。。。)

でも女人禁制なので恥ずかしくはなかったんだろうね。

実はこんな不安定な感じで、しっかり安定して建っているバイ。

ここバイでは、パラオ人の女性から色々と説明を受けたけど、
2割くらいしか理解できなかったー。。

でも何となく雰囲気は伝わったし、楽しかった!

バベルダオブ島のハイライト「ガラスマオの滝」

そしてバベルダオブ島の北西の方にある「ガラスマオの滝」に向かう。

駐車場からガラスマオの滝までは片道1時間程度のトレッキング。
雨が強くなって来たので、トレッキング前にひとまず車内でランチ。

出発した時にコロール島で買ったハンバーガー。
味は普通だけど、「バイ」風のお店が可愛いい★

腹ごしらえが済んで、雨も弱くなって来たので出発。

ジャングルの奥地へ。
どんどん下る。

しばらくすると、川が出現。
滝はもうすぐなのかな?

川が現れてすぐ、数個の穴が空いているエリアが出現。

ここにダイブするのが楽しみの一つ。

慎重153cmの私では足が付かない深さ。
ダイブした反動で沈んだ時にも足が付かないので、結構深いかも。

泳げない人は要注意。
私は通りすがりのパラオ人に救出されました。

遊んだ後は、さらに先を目指す。

この橋を渡ったらもうすぐ!

滝の音が聞こえてきた!

わ!大きい!!

滝の裏側が透けて見える珍しい滝。
まるでカーテンの様。

正面に来るとこんな感じ。

雨が降っていたからか、南国なのに寒いので長居はできず。
残念。

帰りは登りなので苦労して駐車場に到着。

謎の遺跡「ストーンモノリス」

次に目指すはパラオ最北端のエリア。
ケズに引き続きの謎の遺跡、「ストーンモノリス」

車を降りて歩いていると、遠くの方に凄くキレイな海!

青のグラデーション!
しかもいい感じに晴れてきた♡

誰もいない、のどかな風を感じながらのんびり歩いていく。

そしてこれが「ストーンモノリス」

これは私の身長の1.5倍くらいの高さ。
しかし今地上に見えているのは、ほんの一部。
見えているのは先っぽだけで、この続きが地中に延びているんだとか。

これも不思議な遺跡。

遺跡としての価値の前に、この場所かなり気に入った!
観光地なのに誰もいない、とても静かな空間。
遠くには綺麗な海。

お昼はここでピクニックにすれば良かったかな。

本当はまだまだ見たいところが沢山あったのに、
一か所一か所で長居しすぎて時間切れ。

急いでコロール島に向かう。

なぜなら、夜は「ナイトカヤック」が待っている!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です