ー世界はきっと、美しいー
日光・奥日光

360度どこを切り取っても美しい 神秘の湖「湯ノ湖」

2015/05/03

奥日光「湯ノ湖」

東京から車で3時間半かけてやって来た「奥日光」を堪能し、夕方には宿「日光四季の宿 越後屋」に到着。

旅のパートナーP氏が寝不足と疲労で寝てしまったので、一人で散策に出発。

ここには、山に囲まれた神秘的な湖「湯ノ湖」があるという事で、楽しみにしていた。

湖をぐるりと一周出来る散策路があって、約1時間程で周れるらしい。

起点になるのは、「ネイチャーセンター」。
ここから反時計回りに散策することに。

ネイチャーセンターを背に、向かって右側が山道で、左側が車道に面している。
反時計回りなら、万が一途中で暗くなっても、その頃には車道側にいられるから。

スタート地点は、釣り人や子供たちで賑わっている。
ボートで湖上の景色を楽しんでいる人も。

それでも、有名な「中禅寺湖」程、観光客で賑わっている事もなく、
のんびりとした雰囲気は崩さないまま。

ここから、湯ノ湖を左手に望みながらの散策開始!
右手には、夜の訪れを感じる光が射している。

あちらに日が沈むという事は、
丁度対岸から夕日に染まる湖が望めるかも!?
…という期待を胸に、出発。

歩きやすい散策路。
この調子なら、サクサク進めそう。

出発してすぐに、観光客の姿が見えない静かな湯ノ湖が姿を現す。

壮大な景色を望みながら、釣り人が膝までどっぷり浸かって佇んでいる姿。
絵になるなぁ。

まだ出発して間もないのに、何だか嫌な予感が。

何だあのロープは!

まさか、立ち入り禁止!?
そ、そんなぁ…。

…と思ったら、、

注意して進め!

赤信号ではなく、黄色信号だった。
よかった。

一応トレッキング用の身なりをしているので、迷わずロープをくぐらせて頂く。

歩きやすく舗装された遊歩道は、先ほどのロープ手前まで。
ここからは、山道が続く。

雪も脇に少し残っている程度だし、
道も難易度の高いものではないから、しっかりとした山装備は必要なさそう。

だけど、ヒールやサンダルは避けた方がベター。

細い道のすぐ左手には、湖。

木々の間から垣間見える姿が美しい。

先ほどより神秘的な色合いを見せる湯ノ湖。

左手に見とれていると、右手の山側になんとお猿さん!
しかも親子…!!

カメラを構える間もなく去っていき、その後姿を見せてはくれなかった。

ガサゴソと、気配は感じるんだけど。

お猿さんを諦めて進んでいくと、少ずつ木々の切れ目が見えてくる。

見る場所によって、違った色合いを見せてくれる湯ノ湖。
対岸の景色も常に変化していき、どこから見ても美しい。

そして、ついに木々が完全に途切れるところへ。

山の影が美しく湖面に映り込み、息を飲むほど圧倒される。

しばらく見とれていると、なにやら湖面から激しい音が聞こえてくる。
水際のギリギリのところまで降りてみると、、、

バシャバシャバシャ!

大量の魚が、湖面に顔を出して蠢いている。
(写真には上手く映らないけど、拡大するとたくさん!)

この湖に、多くの釣り人がいるのも頷ける。

そんな魚を狙ってか、カモが優雅に近づいてくる。

神秘的な湖が、少し日本庭園チックになるのが不思議。

沢山の顔を持っている湯ノ湖。
まだ半分も来ていないのに、虜になってしまう。

ようやく半分というところで、橋に差し掛かる。
橋から望む対岸は、まさに先ほど出発したところ。

賑わっていた人々の姿が、影すら見えない。
さりげなくも壮大さを感じさせる湯ノ湖。

本当は、ここから夕日に照らされる湖面を見る事ができるのだろうか。
時間を確認すると、現在時刻は17:30

日の入りは18:30

夕食は18:00

・・・。

ダメじゃん!

…という事で夕日は諦め。

のんびりしていたら時間がギリギリになってしまったので、先を急ぐ事に。

何故か小さな祠。

そして、「湯滝」。

そう、ここへ来る前に下から見上げた湯滝の、真上にあたるのがこの場所。

遠くに、滝を見上げる人影も見える。

「湯滝」は、「湯ノ湖」から繋がる滝だったんだ!

スポット毎に見て回っている様で、実は繋がっている。
「点」が「線」で繋がった感覚が楽しい。

自分の「足」で見つけた事だから、尚更かもしれない。
ガイドブックの「文字」で見つけるよりも、ずっと心に残る。

さて、ここからは車道沿いの遊歩道。

釣り人の姿も、ここからまた増えてくる。

等間隔に、半円を描いて立つ姿が美しい。

釣り人の姿もまた、「湯ノ湖の風景」の一部になっている。

約1時間で一周できる「湯ノ湖」。

私は、ゆっくり写真を撮って、猿を探して、魚の大群を見に降りたから時間がかかったけど、それでも1時間半。

気軽に見れる風景なのに圧巻。

静かで厳かな「湯ノ湖」。

見る場所や時間毎に変化する水面と、対岸の景色。

360度、どこから見ても美しく神秘的。

余韻に浸りながらも、ぴったり夕食時間の18:00に宿に到着。

食卓には、また川魚が。
先ほどの、湯ノ湖で獲れた魚だろうか。

食事の後は、温泉へ。

ゴールデンウィークなのに、たまたま誰もいなくて独り占め。

白濁とした、さらさら温泉。

温度は少し高めだけど、標高が高い奥日光の夜は少し寒いので、露天風呂が丁度よく気持ちがいい。

部屋に戻っても身体の火照りがしばらく治まらなくて、ほかほか気分のまま早めの20:00に就寝。

お休みなさい~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です